サーバーイメージ

SIM・通信

シン レンタルサーバーはデメリットのない最強格安ブログ用サーバー

シン レンタルサーバーはデメリットのない最強格安ブログ用サーバー

シン レンタルサーバーは新しいのサーバーなのでデメリットがあるかと思いがちですが、調べてみたらどう考えても一強。

結論、シンレンタルサーバーを選んでおけば間違いないです。

スペックが同等であれば、サーバーは安さが正義です。

国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ『シン・レンタルサーバー』

シン・レンタルサーバー一択の理由

①圧倒的安さ

②サービスのバランス (安定性) (ジャンルの豊富さ)

推す理由として、上記のようなものが挙げられます。

で、mixhostの値上げ前に迷わずシン・レンタルサーバーに移行しました。

シン・レンタルサーバーの簡単移行サービスは本当に楽でした。必要スペックかつ安いサーバーに乗り換えが出来てハッピーです。

なので、今回は個人がブログを運営する上での、主要大手サーバーについてお話ししたいと思います。(格安・スペック非公開サーバーは除いています)

シンレンタルサーバーにデメリットはあるか?他キャンペーン比較

新たなサービスとして出てきたシン・レンタルサーバーですが、とにかく値段が安いです。

ここ1年近くずっとキャンペーンをうっています。

レンタルサーバー名SSDメモリvCPU値段 / 月
シンレンタルサーバー300GB8GB6core770円 539円
エックスサーバー300GB8GB6core1100円 550円
Mixhost300GB8GB6core968円 (値引きなし)
ConoHa WING300GB8GB6core1320円 901円
カラフルボックス300GB8GB6core1166円 874円
(12か月契約比較 2022/5/27時点)

上記はSSD・メモリ・vCPUが同等の条件での比較です。

他の各社も赤字表記がキャンペーン価格になるのですが、シン・レンタルサーバーに太刀打ちできていません。

でも各サーバーは持ち味があるじゃないか。と思うあなた。

値段の安さと比較して各サーバーの持ち味を僕なりに照らし合わせてみました。

【安定性】 シン レンタルサーバーvsエックスサーバー

今まで安定を求めるならエックスサーバーという区分けがありました。

しかし、安定性という言葉ほど不安定なものもありません。

ちなみに僕が契約していたmixhostですが、公式サイトのincident historyによれば直近のデータは、2022年4月だけで2回の緊急メンテナンスと1回のアクセス障害、5月にも同様に1件ずつ記録されています。

mixhost障害

じゃあエックスサーバーはどうか。

実は2022/4/10に大掛かりなサーバー落ちを記録しています。(実はこの時シン・レンタルサーバーも同時に落ちていました)。約半日にも及んだそうです。稼働率99.99%を誇るエックスサーバーですら落ちるときは落ちます。

もちろん、落ちる回数や時間が少ないにこしたことはありません。少しでも安定性の概念を大事にしたい方はエックスサーバー寄りに選んでもいいかもしれません。現在は50%引きキャンペーンがあり、他より安いです。

シン・レンタルサーバーはまだ充分なサーバー落ち情報が蓄積されていません。ただ、元がエックスサーバーです。速度のシン・レンタルサーバー vs 安定性のエックスサーバーと銘打っていますが、結局同じくらいになるのでは?と推察しています。2022/4/10にシン・レンタルサーバーも同時に落ちたわけですし。

であれば、少しでも値段の安いシン・レンタルサーバーで問題ありません。

安定性は不確実なもの、値段は確実なものとしてとらえた方が合理的ではないでしょうか。

ネットワークイメージ

【ジャンルの豊富さ】シン レンタルサーバー vs Mixhost&カラフルボックス

値上げしたMixhostです。

Mixhostとカラフルボックスは18歳以上のジャンル可能で、人によってはメリットがありました。

しかし、シン エックスサーバーも対応となっています。(エックスサーバーは非対応)

もし取り扱いたいジャンルが該当する場合でも違いがないのです。

まず、Mixhostです。ここは使用していたので詳しく解説します。

今回の値上げで、8GB・6coreより一つ下の性能&基準価格が低いプランが消えました。機能面でもシン・レンタルサーバーと単純比較可能状態。

なのに、キャンペーンを含むと倍近くの値段です。

Mixhostは電話サポートがないという致命的な点があります。メールサポートの応対は丁寧ではあったのですけどね…。

ネットワークイメージ2

さらに複数のドメイン運用がやっかいです。

Mixhostにはプライマリドメイン(メインドメイン)が存在します。

ドメインを複数使用する場合、アドオンドメインとサブドメインのどちらかになります。

これが完全にサイトで分けられません。必ずメインドメインがついてまわります。

サブドメインはご存じの通り、メイン「main.com」、サブ「sub」→「sub.main.com」。

じゃあ分けるにはアドオンドメインか?という話になりますよね?

でもアドオンドメインを設定した場合、サブドメインが自動生成されて消せません。

メイン「main.com」、アドオン「addon.com」→サブドメイン「addon.main.com」自動生成・削除不可。

「addon.com」と「addon.main.com」の両方からアクセス可能→アドオンドメインのURLに飛ぶ、という現象に陥ります。

つまるところ、複数ドメインは全部メインのサブドメインみたいなものです。

で、話をカラフルボックスに移しますが、値段で勝ててません。

ここは2018年7月にスタートした新しいサービスです。同じくサービス実績が短いことを受け入れるなら、値段も安く、バックボーンにエックスサーバーがいるシン・エックスサーバーを選ぶことになると思います。

【器用貧乏】 シン レンタルサーバーvs ConoHa WING

ConoHaに至っては非常に器用貧乏です。僕はConoHa→Mixhost→シン・レンタルサーバと渡り歩いてきたのですが、あまりに特徴がないため、3か月で解約しました。(2つめのMixhostは契約時エックスサーバーより若干安かったので)

強いて挙げるなら、VPSも展開しているため、レンタルサーバーと使い分けても同じコントロールパネルで操作できることくらいです。

一応うたっている特徴もありますが、以下は他サービスにはあるものです。

・独自永久ドメイン

・電話サポート

・wordpress移行代行

また、面白いのが時間単位の契約ができることですが、恐らく必要とする人はほぼいません。

よって候補としては外れます。

LiteSpeed vs NginX

巷では「LiteSpeedの方が早い!」なんて噂もありますが、正直体感で分かりません。

数値化しようとPageSpeed Insightsで試したのですが、いまいち釈然としませんでした。

PageSpeed Insights

トップページを複数回検査してみて、携帯電話の指数が、NginXのシンレンタルサーバーは67~72付近。LiteSpeedのMixhostで測ってみたときとそれほど大差ありませんでした。

誤差もあるでしょうし、時期や時間、アクセスが集中した時の動作での違いもあると思うので、僕の方では検証しきれませんでした。そのため、体感では分からなかった、くらいの言及とします。

シン レンタルサーバーがキャンペーン打ち過ぎ。デメリットが見えない

シン・レンタルサーバーは新サービスということもあり、高頻度でセールを打っています。もちろん初期費用も無料になりますし、独自ドメインももらえます。

これまでの経緯を見ると、30%オフか50%オフのどちらかでセールをしているようです。

ちなみに僕は50%オフ時に36カ月で、月770円→385円の契約をしています。

じゃあ絶対50%時まで待つ方がお得じゃん!と思うかもしれませんが、50%オフの時は条件下の元キャッシュバックでした。

キャッシュバック方法

①満6カ月以降にしか申し込めない

*返金かキャンセルの場合は申し込み不可

②登録したメールアドレスにキャッシュバック方法が送られてくるので、申請する必要あり

つまり6カ月待ってそれから申請の手続きを取らないと戻ってきません。少々面倒です。

一方で30%オフは単純に値引きです。

2022/5/27現在ですと、30%オフで値引きという形になっています。面倒くさがりな僕からすればどちらでも良いかなって感じではありました。

36か月契約で計算式を出すと、

50%オフ 13860円(770円 × 36か月 - 50%) → 385円 / 月 

30%オフ 19404円(770円 × 36か月 - 30%) → 539円 / 月

3年間で5544円、1か月で154円、1日で約5円の差になります。

これを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれかなって塩梅です。申請の手間と照らし合わせてみてください。

今の契約が切れる時期もあると思うので、本来はそれに合わせるのが無難かなと思います。

キャンペーン次第でシン レンタルサーバーも情勢が変わる?

というわけで、しばらくキャンペーンが続きそうなこともあり、シンレンタルサーバー一強の気配です。

もちろんセール状況や他社の動きも今後どうなるか分かりません。

ただ、現状はシンレンタルサーバーを選んでおけば間違いないというお話でした。

↓現在のキャンペーン情報を確認



Nile化粧水は怪しいステマレビュー?

生活用品

2022/12/4

Nile化粧水は怪しいステマレビュー?それより現行品の改悪が問題

「化粧水 メンズ」「オールインワン メンズ」 そう検索するとAmazonで異様なレビュー数。Nileは信用できるのでしょうか。 結論、現状ステマ行為は見えないが、それより旧品→現行品の改悪問題。 シャンプー等も含め7,8本Nileを買っているので、遠慮なく悪い点を挙げます。 この記事の結論 NILE 高保湿 化粧水 メンズ レディース ヒアルロン酸4種配合150ml Nile ¥2,480 (2022/12/04 05:13時点 | Amazon調べ) Amazonで探す 楽天市場で探す Yahooショッ ...

続きを読む

マザーボードの中古は危険だから注意 マザボは消耗品【買うな】

PC・周辺機器

2022/12/1

マザーボードの中古は危険だから注意 マザボは消耗品【買うな】

マザーボードの中古は止めた方がいいです。 PCパーツは経年劣化するものですが、マザボは特に消耗品だからです。 マザーボードの中古は危険だから注意 マザボは消耗品 PCパーツは使用時間=劣化の度合いです。 注意する一番の理由はどれだけ劣化しているか不明だと言うことです。 これはメルカリ、ヤフオク、ドスパラなどの小売店全てに当てはまります。 小売店は状態の良さでランク付けをしていますが、傷やスレなど外観のみの格付けです。 外身はきれいでも、相当消費された状態で渡される可能性もあるわけです。 小売店も売られたも ...

続きを読む

AT2035はこもるマイクと思いきや結構良い ローカット/パッドも便利

PC・周辺機器

2022/11/30

AT2035はこもるマイクと思いきや良品 ローカット/パッドも便利

AT2035は配信者やyoutuberの有名どころマイクです。 レビューにこもるってありましたが、これ結構良いマイクでした。 対抗馬はマランツMPM-1000や廉価版のAT2020などですが、AT2035が最もおすすめです。 オーディオテクニカ AT2035 コンデンサーマイク 単一指向/ローカットスイッチ/パッドスイッチ/専用ショックマウント/レコーディング/宅録/動画配信/ポッドキャスト/実況/DTM/ブラック 【国内正規品】 AT2035 Audio Technica(オーディオテクニカ) ¥14, ...

続きを読む

hokuto防湿庫 全自動の違いは何? すぐ湿度下がらないが買うべき

カメラ

2022/11/30

hokuto防湿庫 全自動の違いは何? すぐ湿度下がらないが買うべき

カメラの保管といえば、ドライボックスか防湿庫です。 防湿庫は高いし邪魔じゃん?と思う方もカメラ持ちはすぐ買った方が良いです。 もし買うなら安いhokutoがおすすめですが、全自動除湿機能ってのがあります。 有り無しで何が違うのか、外観やレビューとともに説明します。 HOKUTO 防湿庫・ドライボックス HPシリーズ容量48L 5年保証 カメラやレンズカビ対策 (48L全自動) HOKUTO ¥17,620 (2022/11/28 17:36時点 | Amazon調べ) Amazonで探す 楽天市場で探す ...

続きを読む

抑肝散の効果が出るまでをブログに体験談公開 うつストレスに有効か

生活用品

2022/11/24

抑肝散の効果が出るまでをブログに体験談公開 うつストレスに有効か?

抑肝散(よくかんさん)が結構注目されています。 イライラに効く効用で、しかも漢方なので副作用が少ないです。 では実際に服用してどれだけ効果があったか、ブログで実体験を語ります。 筆者は医療関係者ではありません。 自分で服用して効果を確かめています。 【第2類医薬品】抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒クラシエ 24包 クラシエ薬品 ¥1,998 (2022/11/29 17:33時点 | Amazon調べ) Amazonで探す 楽天市場で探す Yahooショッピングで探す ポチップ 抑肝散の効果が出るまでをブログに ...

続きを読む

-SIM・通信
-