ノートパソコンにgpuがないのはアリか。グラボなしでゲームは可能か

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

ノートパソコンにgpuがないのはアリか。グラボなしでゲームは可能か

ほとんどのノートPCにはGPU、すなわちグラボがついていません。ゲームしたい場合、買うのはアリか。結論プレイできれば良いなら可能です。

この記事の結論

  • 内臓GPUでもゲームはできる。けどジャンルによる
  • 外付けグラボ検討するくらいなら最初から内臓型買え
  • 現在はRTX4000番台のゲーミングノートが主流

ノートパソコンにgpuがないのはアリか

まず結論ですが、CPUに内臓してるGPU、つまりグラボ非搭載の普通のノートPCでも軽いゲームはできます。ただし、クリエイター系のソフトは物によるでしょうが、仕事で使えるレベルじゃないので厳しい。

グラボなしでゲームは可能か

僕の例を出すと、1240Pという割と最近のCPUを積んだゲームでCiv6とかやってますが、全然普通に動きます。

ただし、ファンがめっちゃうるさいのと、コンセントつないでても1時間もすれば電池残量がほぼなくなってます。

できなくもないけど、長期的に考えたらあまりよろしくない状況と言えるでしょう。

こちらのゲームの動作環境と推奨スペックが以下。

必要動作環境

OSWindows7/8.1/10 64bit
CPUCore i3 2.5Ghz以上
メモリ4GB以上
グラフィックボード1 GB &
AMD 5570、Nvidia 450以上、
or Intel Integrated Graphics 530
HDD空き容量12GB

推奨動作環境

OSWindows7/8.1/10 64bit
CPUCore i5 2.5 Ghz or
AMD FX8350 4.0 Ghz
メモリ8GB以上
グラフィックボード2GB &
AMD 7970、GTX770以上
HDD空き容量12GB

グラボの面から言うと、GTX770以上じゃなきゃだめだよ、という話。このくらいなら、最近のCPUであれば問題ありません。

むしろネックになるのは消費電力とか排熱の方。かなり熱くなるし、バッテリーいじめまくるので、長時間ゲームするのに向いていません。もしくは解像度など設定をかなり下げる必要があります。

なので、旅行先とかでちょっとやるとか、マジで布団から起きるのがめんどくさいとか、微妙な用途でしか使ってません。

また、ゲームのジャンルにもよります。例に挙げたCivはシュミレーションなので、まだグラボなしと相性が良い方です。以下はグラボなしでおすすめしないジャンル

  • アクション・FPS
  • 格ゲー
  • レーシング系
  • シューティング

要はその場その場の判断が求められるゲームは向いていません。また、ゲーミングノートじゃないので、リフレッシュレートがせいぜい60Hzってところです。144Hzの滑らかな視認性でプレイしてる人たちに勝てるわけがありません。

クリエイター系のソフトの場合

クリエイター系のソフトもおすすめしません。というか、こっちは仕事で使うと思うので、マジでおすすめしません。

また僕の例を出すんですが、僕はyoutubeやってるので、よくサムネを作ります。

affinity photoというphoto shopの類似ソフトを使うのですが、ノートのGPUだと出力できません。

こんな感じに、性能不足を露呈します。ソフトの要求スペックがめっちゃ高いかというとそうでもありません。

affinity photoの推奨スペック

  • マウスまたはこれに相当する入力デバイスを備えたWindowsベースPC(64ビット)
  • ハードウェアGPUアクセラレーション*
  • 少なくともDirectX 10互換のグラフィックスカード
  • 8GB以上のRAM推奨
  • 1GBのハードドライブ空き容量(インストール時はそれ以上の容量が必要)
  • 1280x768以上のディスプレイサイズ

かなり分かりづらい推奨スペック表記ですが、僕の1240Pだと編集時はなんとか動く、けど出力時に性能不足になる、という感じでした。

photo shopならもっときついです。RAM16GB以上だったり発売7年未満のグラボを推奨スペックに指定しているので、affinityより全然重い。よって、クリエイター作業するなら、グラボは必須です。

まして、davinci resolveなど動画編集はまともに動きません。

後で外付け検討するくらいなら内蔵型買え

とりま内臓GPUで頑張ってみて、無理だったら外付けGPUにしようと思う人。基本おすすめしません。

  • 性能のわりに高価
  • 持ち運びに邪魔
  • 別途GPUの置き場が必要

外付けGPUの位置づけは非常に微妙です。

家の中でしか使わないならそもそもデスクトップでいいです。

逆に外で使うなら、グラボ搭載ノートを買った方が荷物が一括で持ち運びしやすい。

しかもコストのわりに性能が微妙なので、マジで局所的な使い方しかありません。

それなら、最初から中に全部詰まっているゲーミングノートを思い切って買いましょう。

そもそも、それゲーミングノートでいいの?デスクトップが良くない?って話はまた別です。

ゲーミングノートの選び方

ほぼ必須の項目

  • 15.6インチ以上
  • リフレッシュレート144Hz以上

大前提として、この二つは欲しいです。画面は大きい方が良い。持ち運びも加味すると、15.6インチがベストだし、台数も多いので選択肢が広いです。

また、ゲームするなら144Hz以上のリフレッシュレートがほしいところ。

あれば嬉しい項目

  • RTX4000番台
  • 重さが2Kg付近
  • 好みのキー配列

グラボは現在4000番台が最新です。買うなら最新の4000台を買いましょう。

重さも、2Kg付近ならかなり軽い方です。ノートは移動させるの前提なので、重さはこのくらいに抑えたいところ。

また、ノートはキーボードが命な面もあるので、自分の好みか良く確認しましょう。

まず、ゲームやクリエイター要素を求めるなら15.6インチ型以上をおすすめします。

目安ですが、グラボ積んで2kg切ってたら軽い部類です。

おすすめのゲーミンノートPC

ASUS Vivobook Pro 16

ASUS Vivobook Pro 16 K6602VV (K6602VV-KVI9R4060)

価格 194,800円 (税込)(2024/01現在)
発売日:2023年4月21日
インチ : 16.0型(120Hz)
解像度:2,560×1,600ドット (120Hz)
CPU : インテル® Core™ i9-13900H
OS : Windows 11 Home
メモリ : 16GB/16GB(標準/最大)
ストレージ : SSD : 512GB
グラフィックス : NVIDIA® GeForce RTX™ 4060
バッテリー駆動時間約7.4時間 
バッテリー充電時間約2.3時間
重さ 約1.9kg


外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:Thunderbolt 4 (Type-C)、USB3.2 (Type-C/Gen2) 、USB3.2 (Type-A/Gen1)×2
カードリーダー:SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

ASUSのVivobook Pro16は値段・軽さ・性能面からいって、かなりやばいモデルです。

CPUは上位モデル13900Hを積みつつ、グラボはRTX4060。さらに2kg切ってます。

モバイル版RTX4060はデスクトップ版なら3060Ti~3060、前世代ならモバイル版3080相当の性能があります。

またThunderboltがついていて、type-cでも給電できます。そして、解像度が2,560×1,600というおまけつき。

MSIやGigabyte、その他BTOメーカーでも20万円台だと、CPUが12世代だったり、もっと重かったりします。まして2560×1600なんてありません。

弱点といえば、バッテリーが駆動時間7.4時間とちょい短め。

あとは120Hzと、ゲーミング系にしては少しだけリフレッシュレートが低いことです。20万円台なら144Hz当たり前みたいなとこありますか

でもデメリットをはるかに上回るモンスターPCには変わりないです。

また、アマゾンから名称違いで同型の物も出ているようです。

BTOメーカーの場合

BTOメーカーでゲーミングノートに力を入れているところって意外と少ないです。

候補に挙がるのが、ドスパラ、ツクモ、マウスコンピューターあたり。他のメーカーもありますけど、数が少なかったり、選択肢が少ないので、この3つから選ぶのが良いんじゃないでしょうか。

特徴として、ドスパラはガレリア、マウスコンピューターはG-tuneという自社ブランドの販売です。一方ツクモはMSIやASUSなど、PCパーツメーカーのゲーミングノートをそのまま発売しています。

どこが良いかって話は、マジで機種によるし、その時の値段によります。

特徴としては、ドスパラは種類が豊富、マウスコンピューターは薄くてスタイリッシュな感じが多い、ツクモは各メーカーがごっちゃなのでバラエティに富んでいるな、という感じ。

個人的に、マウスコンピューターのゲーミングノートは好きです。なぜなら軽いだけでなく、結構薄いPCが多いんですよね。そもそもノートPCでゲームやるのは、持ち運びや機動性を重視しているからです。

まあでも最近はドスパラなんかもそういうPC多いし、最終的には見た目と性能で自分がこれだ!と思ったやつ買ったら良いでしょう。

マウスコンピューターのゲーミングノートを見る ツクモのゲーミングノートを見る

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

アプリ・ソフト・SNS お得な生活術

2024/2/22

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

今やブログもインスタもステマだらけです。簡単に見破る方法があるので、ブロガーの観点からお話しします。 ステマの見破り方 ブログやネット検索はステマだらけ。見破り方 まず、ネットに散乱するお手本のようなステマは以下です。 ②③はぱっと見分かりますが、①は何か。 例を出すと、美容クリニックの広告です。試しに”湘南美容クリニック 脱毛 おすすめ”とか調べると分かります。 なぜか湘南以外の内科とかが検索上位に上がってきます。これは全然関係ないクリニックのお小遣い稼ぎです。 googleは権威性・専門性を重視した検 ...

続きを読む

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

PC

2024/2/3

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

コンバーチブルはクルクルするので壊れやすい印象があるかもしれません。実は使い勝手としては最高です。 コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか 一般的に2in1にはコンバーチブルというキーボード取り外し不可型と、セパレートという取り外し可能型があります。 幅広い用途を考えたらセパレートの方が便利そうに見えますが、キーボードが薄くなってしょぼいというデメリットがあります。 他にも自立して立てないので、ヒンジを広げて立たせる必要があります。これが壊れやすいし折れないか怖い。 一方、コンバーチブルは通 ...

続きを読む

pixivでai生成多すぎ話あるが僕は助かる。Aiイラストの流れとPCの選び方

PC

2024/2/1

aiイラストはうざいとかひどい説あるが非絵師は助かる。生成の流れとPC選び

aiイラストのせいでイラストレーターは阿鼻叫喚。一方、僕みたいな非絵師勢は結構助かってます。ai生成の大まかな流れと問題、AIイラストに必要なPCをご紹介します。 この記事の結論 非イラストレーター的には大歓迎。1日も学べば絵が描ける まず、僕は絵が描けません。そんな僕からすると、絵が生成できるというのは非常に助かります。仕事で一部イラストが必要になるのですが、絵師に頼むのは非常に億劫です。 金がかかる、納期がかかる、連絡の手間、税金申告などなど、面倒な問題が色々あります。ごく一部ですが、納期を守らない絵 ...

続きを読む

心温まる映画のアマゾンプライム選思いっきり泣ける映画のおすすめ

映画・ドラマ・アニメおすすめ

2024/1/28

心温まる映画のアマゾンプライム選。思いっきり泣ける映画のおすすめ

心温まる映画や思いっきり泣ける映画のおすすめをご紹介します。アマゾンプライムで見れるやつから選出してます。 山の郵便配達 ある日、中国の山岳地域に手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決め、後を継ぐ息子へと仕事を託します。 息子は仕事を教わるため、父と一緒に配達をするのですが、道中で山の人々と交流を深め、すでに時代遅れとなった山の配達人の仕事を知っていくのです。 2000年代の中国の映画なんですが、見た目古臭いと思うでしょう。しかしかなり絶賛された雰囲気映画です。 徒歩で出紙を配達する、という山の配達 ...

続きを読む

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

カメラ

2024/1/28

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。 osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。 僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。 発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分 ...

続きを読む

-PC