自作PCおすすめ構成2023~24。予算10万・15万・20万・25万・30万別

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

自作PCおすすめ構成2023~24。予算10万・15万・20万・25万・30万別

自作PCおすすめ構成2023~2024年版をご紹介します。予算は5万、10万、15万、20万、25万、30万別です。

自作PCおすすめ構成。何をどう削るかが重要

基本20万以下はあまり自由に組めません。なので、削る優先順位が必要です。こういった記事を見る読者向けなので、中古やジャンクPCではなく、新品購入する前提でお話しします。

(価格表記は自作がamazon、BTOは公式サイトの2023/08/09時点調べ)

予算を削る優先順位

メモリメーカーの違い メモリ増設は他社同士で統一しないで混在もOK?実際は8GBや16GBとバラバラに積んでも問題ない。
  • メモリ : DDR5 → DDR4
  • マザボ : 最新世代 → 一つ前の世代
  • CPU : 400台は性能・価格のバランスが良い
  • GPU : ローエンドならAMD

上から順に性能に影響が出ません。

安さ重視なら、安いメーカーから購入することをおすすめします。あと、光らないタイプのデザインは各パーツ安いです。

電源ユニットに関しては必要十分なのを積んでおけばいいですし、逆に削るとかって概念もないです。

削ることのデメリット

  • メモリ → DDR4は将来性がない。使いまわしは難しい
  • マザボ → 拡張性がない
  • CPU → 全体的なパフォーマンスが落ちる
  • GPU → ゲーム等グラフィックの性能が著しく落ちる

一番手ごろなのは、メモリをDDR4にすることです。DDR5版とそれほど性能も変わらないですし。

CPUは落ちても多少の融通はききますが、グラボ(GPU)は無理なことは無理なので、一番妥協したくないところです。

まあ、一番高いパーツなので、目的以上の物は買わないって妥協の仕方はするんですけどね。

(windowライセンスは所持している人は移行できるので、有無どちらも計算していきます)

自作PCおすすめ構成2023~24。予算10万・15万・20万・25万・30万別

予算10万以下

まずいきなりで申し訳ないんですが、10万円以下ならPS5買いましょう。

PS5が10万以下で持てる最も素晴らしいゲーミングPCになります。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥54,500 (2024/02/25 20:14:52時点 Amazon調べ-詳細)

予算10万の自作PCおすすめ構成

合計(ライセンス無) ¥101,692

合計(ライセンス有) ¥117,056

種類パーツ価格
CPUINTEL Core i3-12100F¥15,480
GPUMSI Radeon
RX6600XT GAMING
¥37,480
マザボASUS Intel TUF GAMING
B660-PLUS WIFI D4
¥19,973
電源CORSAIR CV650
80PLUS Bronze ATX 650W
¥7,990
メモリCFD DDR4 3200
16GB (8GB×2)
¥3,973
SSDシリコンパワー SSD 1TB
3D NAND M.2
¥6,490
ケースMSI ATX ミドルタワー
MAG FORGE 110R
¥5,444 
CPUファン虎徹 MARK3¥3,582
ファンNovonest 120mm
PCケースファン×3
¥1,280
Windows11 ライセンス ¥15,364
計(ライセンス無)¥101,692
計(ライセンス有)¥117,056

ローエンド帯 「Apex フルHDは普通に遊べるよ」感

一応例は挙げてますが、個人的には10万の人も同じで、PS5の方が良いとは思います。

ある意味コスパが良くありません。古いパーツはPS5と違って資産的価値がないので売却のとき困ります。

今PS5を買い、予算が溜まったらPS5売ってゲーミングPC買った方が効率的です。

予算15万の自作PCおすすめ構成

マザーボード壊れにくいおすすめメーカーとモデル【2023~2024】

自作PC

合計(ライセンス無) ¥147,670

合計(ライセンス有) ¥163,034

種類パーツ価格
CPUINTEL CoreI5-13400F¥31,036 
GPUMSI Radeon RX6750XT
Gaming X Trio
¥65,000
マザボASRock B760 Pro RS/D4¥21,192
電源玄人志向 KRPW-BK
80PLUS Bronze 750W ATX
¥9,673 
メモリCFD DDR4 3200
16GB (8GB×2)
¥3,973
SSDシリコンパワー SSD
1TB 3D NAND M.2
¥6,490
ケースMSI ATX ミドルタワー
MAG FORGE 110R
¥5,444 
CPUファン虎徹 MARK3¥3,582
ファンNovonest 120mm
PCケースファン×3
¥1,280
Windows11 ライセンス ¥15,364
計(ライセンス無)¥147,670
計(ライセンス有)¥163,034

ロー ~ ミドル帯 「大体のゲームはWQHDいけちゃうよ」感

ここでも可能な限りグラボにステータス全振りしていきます。グラボを上げると推奨電源も上がるので、750Wになっています。

15万なら基本的にはグラボ(&電源) > CPU or メモリ増設 > その他って考えが一番コスパ良し。

CPUが13世代になったので、マザボも700番台にしています。660も本当は使えるけど、biosアップデートが必要です。「よーわからん」という人は13世代CPUには700番台使えばいいんだなくらいに見といてください。

可能な限りグラボを上げて、余った端数の予算でCPUなり、メモリなりに回す感じです。

BTO

PG-XF70BTi46

¥179,800円(税込)

Intel Core i5-13400F/
DDR4メモリ 16GB / RTX 4060 8GB
NVMeSSD 1TB / Windows11 Home 64bit

15万円台のPCを探す

予算20万の自作PCおすすめ構成

自作PC

合計(ライセンス無) ¥207,628

合計(ライセンス有) ¥222,992

種類パーツ価格
CPUIntel Core i5-13600KF¥43,879 
GPUGIGABYTE GeForce
RTX4070 WF
¥88,000
マザボASRock Z790 Pro RS/D4¥28,480
電源玄人志向 KRPW-BK
80PLUS Bronze 750W
¥9,673 
メモリCFD DDR4 3200
32GB (16GB×2)
¥6,945
SSDシリコンパワー SSD
2TB 3D NAND M.2
¥10,000
ケースCORSAIR 4000D ATX
(ファン120mm ×2付)
¥10,472
CPUファンDeepcool AK620
CPUクーラー
¥8,899
ファンNovonest 120mm
PCケースファン×3
¥1,280
Windows11 ライセンス ¥15,364
計(ライセンス無)¥207,628
計(ライセンス有)¥222,992

ミドル帯「最高設定にしなきゃ4Kいけちゃうよ」感

ここから先のグラボは一個上がるたびに数万値上がりするクラス帯なので、そろそろグラボ以外の部分もケアする分岐点です。

13世代CPUは消費電力が高いので、ミドル帯以上ならCPUクーラーはデカいのに変えた方が良いと思います。

今後の使いまわしを考えて、DDR5に代えるか悩むところですが、20万ならまだDDR4かなあという感じです。それより32GB目指した方がミドル帯としての満足感が得られます。

BTO

PG-PSKKS46Ti

¥195,000円(税込)

Intel Core i5-13400F/
DDR4メモリ 32GB / RTX 4060Ti 8GB
NVMeSSD 1TB / Windows11 Home 64bit

20万円台のPCを探す

予算25万の自作PCおすすめ構成

intel13世代12世代CPU性能比較 スルーで14世代待つべき人は?

自作PC

合計(ライセンス無) ¥249,308

合計(ライセンス有) ¥264,672

種類パーツ価格
CPUIntel Core i5-13600KF¥43,879 
GPUGeForce RTX4070Ti
Palit GamingPro
¥119,800
マザボASRock Z790
PG Lightning DDR5
¥30,736
電源玄人志向 KRPW-BK
80PLUS Bronze 750W
¥9,673
メモリCORSAIR DDR5-5600MHz
32GB 16GB×2枚
¥14,569
SSDシリコンパワー SSD
2TB 3D NAND M.2
¥10,000
ケースCORSAIR 4000D ATX
(ファン120mm ×2付)
¥10,472
CPUファンDeepcool AK620
CPUクーラー
¥8,899
ファンNovonest 120mm
PCケースファン×3
¥1,280
Windows11 ライセンス¥15,364
合計(ライセンス無)¥249,308
合計(ライセンス有)¥264,672

ミドル~ハイ帯「4Kそれなり。レイトレもいけちゃう」感

この辺の価格帯になると結構重たいゲームやったりすると思うので、レイトレ性能の高いRTX勢が優勢です。

逆にレイトレ要らないって人はRTXを対抗のRadeon製品に置き換えるだけで単純なコスパは良くなります。

25万くらいになると、一部のパーツは次回買い替えるときに持ち越せる可能性があります。

逆に末永く使っていく場合も、最新世代のパーツ群を積んでいるので、そこそこ長持ちしてくれるでしょう。

BTO

PG-D70FB40Ti

¥269,800円(税込)

Intel Core i7-13700F/
DDR4メモリ 32GB / RTX 4070Ti 12GB
NVMeSSD 1TB / Windows11 Home 64bit

25万円台のPCを探す

予算30万の自作PCおすすめ構成

自作PC

合計(ライセンス無) ¥314,261

合計(ライセンス有) ¥329,625

種類パーツ価格
CPUIntel Core i5-13600KF¥43,879 
GPUPalit GeForce RTX4080
GameRock OC 16GB
¥179,800
マザボASRock Z790
PG Lightning DDR5
¥30,736
電源玄人志向
80Plus GOLD 850W
¥14,626
メモリCORSAIR DDR5
32GB 16GB×2枚
¥14,569
SSDシリコンパワー SSD
2TB 3D NAND M.2
¥10,000
ケースCORSAIR 4000D ATX
(ファン120mm ×2付)
¥10,472
CPUファンDeepcool AK620
CPUクーラー
¥8,899
ファンNovonest 120mm
PCケースファン×3
¥1,280
Windows11 ライセンス¥15,364
合計(ライセンス無)¥314,261
合計(ライセンス有)¥329,625

ハイエンド帯。4K+レイトレのガチ勢

30万で4Kガチ+レイトレ性能抜群のRTX4080にギリギリ手が届きます。(他削るのきついのでちょっと足出たけど)

ハイエンドのRTX勢はDLSS3.0が使えることや、サイバーパンクのようなレイトレ増し増し系と相性抜群です。

そのほかAIイラストやったり、4K60FPS動画の編集したり、非常に用途が広いです。

本来ならマザボをz790の上位版にしたいとか、CPUを13700Kにしたいとかあるでしょうが、割と今のままでも必要十分なので、グラボにつぎ込んだ編成です。予算に余裕があって気になる人はそのへんいじってください。

むしろハイエンド使う人でSSDは1TBじゃ足りないと思うので、自分が必要な分を買ってください。

あと、グラボはレイトレいらないならRX7900XTXって手もあります。普通に4Kでプレイするだけなら4070Tiを明確に超える上、価格差もそれほどないので、ここは考えどころかもしれません。(ただし電源は900W推奨)

BTO

PG-XS47TD5

¥299,800円(税込)

Intel Core i7-13700F/
DDR5メモリ 32GB / RTX 4070Ti
NVMeSSD 1TB / Windows11 Home 64bit
無線LAN Bluetooth対応マザーボード

30万円台のPCを探す

僕の自作PC構成

種類パーツ価格
CPUINTEL CoreI7-13700F ¥54,027
GPUGeForce RTX4070Ti
Palit GamingPro
¥119,800
マザボASRock Z790
Steel Legend DDR5
¥44,300
電源玄人志向
80Plus GOLD 850W
¥14,626
メモリCORSAIR DDR5
32GB 16GB×2枚
¥14,569
SSDCrucial P3 4TB¥27,082
ケースCORSAIR 4000D ATX
(ファン120mm ×2付)
¥10,472
CPUファンDeepcool AK620
CPUクーラー
¥8,899
ファンDEEPCOOL FK120 3IN1¥4,200
¥297,975
他にもHDDとかm.2とかあるけど、システム領域以外は除外

ライセンスはずっと使いまわしてるので、買ってません。構成的にはミドル~ハイ帯です。

主に4Kゲーム、youtubeの動画編集が用途です。

この構成でも4K60FPSのクソ重たい風景動画とか編集できちゃうので、割ともう必要十分。RTX4080以上も今はまだいらないかなって感じです。(時々ゲーム・動画編集・動画視聴を同時起動するので、そん時くらい)

動画編集するために拡張性が程度必要だったので、マザボは良いやつを買ってます。

CPUは調子に乗って13700買っちゃいましたが、本来もっと安いやつで事足りたわと思いました。13600Kとか13500とか。

詳しくは動画で語っています。

買ってよかったものメンズ一生モノや殿堂入りガジェット&家電 20代30代40代向け2023年上旬

予算がグラボの価格と釣り合えば買え

予算が必要なグラボの価格に届いてなければPCを買う段階じゃないです。

基本はグラボを中心に予算や自分がどの価格帯のPCを組むかが決まっていきます。

グラボを良いの積めば必然的に高い電源ユニットが必要になったり、組み合わせのCPUを良くしたりします。

そもそもあなたはどうやって予算組んでるの?って方。分かりやすい方法があります。

「このゲームをやりたい」 or 「このソフトを使いたい」
→ FPS値の検証や推奨スペックを見る
→ グラボを決める
→ 残った予算で他パーツを組めるか

このような形でお財布と相談してみてください。

ゲーム実況やyoutube配信の機材関係は下記記事参照です。

・注意書き

本おすすめ構成は実機検証などはしていません。

特にグラボやCPUクーラーのパーツ干渉など、サイズ等はご自身でご確認ください。スペックだけ見て予算立ててるので。

(IntelとAMD間違えなきゃダメな組み合わせとかないし、パーツ干渉もまあ大丈夫だとは思いますけどね。ははは)

動画解説(聞き流し用)

自作PC&BTOおすすめ構成2023~2024 ~予算10万・15万・20万・25万・30万別コスパ選~

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

アプリ・ソフト・SNS お得な生活術

2024/2/22

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

今やブログもインスタもステマだらけです。簡単に見破る方法があるので、ブロガーの観点からお話しします。 ステマの見破り方 ブログやネット検索はステマだらけ。見破り方 まず、ネットに散乱するお手本のようなステマは以下です。 ②③はぱっと見分かりますが、①は何か。 例を出すと、美容クリニックの広告です。試しに”湘南美容クリニック 脱毛 おすすめ”とか調べると分かります。 なぜか湘南以外の内科とかが検索上位に上がってきます。これは全然関係ないクリニックのお小遣い稼ぎです。 googleは権威性・専門性を重視した検 ...

続きを読む

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

PC

2024/2/3

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

コンバーチブルはクルクルするので壊れやすい印象があるかもしれません。実は使い勝手としては最高です。 コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか 一般的に2in1にはコンバーチブルというキーボード取り外し不可型と、セパレートという取り外し可能型があります。 幅広い用途を考えたらセパレートの方が便利そうに見えますが、キーボードが薄くなってしょぼいというデメリットがあります。 他にも自立して立てないので、ヒンジを広げて立たせる必要があります。これが壊れやすいし折れないか怖い。 一方、コンバーチブルは通 ...

続きを読む

pixivでai生成多すぎ話あるが僕は助かる。Aiイラストの流れとPCの選び方

PC

2024/2/1

aiイラストはうざいとかひどい説あるが非絵師は助かる。生成の流れとPC選び

aiイラストのせいでイラストレーターは阿鼻叫喚。一方、僕みたいな非絵師勢は結構助かってます。ai生成の大まかな流れと問題、AIイラストに必要なPCをご紹介します。 この記事の結論 非イラストレーター的には大歓迎。1日も学べば絵が描ける まず、僕は絵が描けません。そんな僕からすると、絵が生成できるというのは非常に助かります。仕事で一部イラストが必要になるのですが、絵師に頼むのは非常に億劫です。 金がかかる、納期がかかる、連絡の手間、税金申告などなど、面倒な問題が色々あります。ごく一部ですが、納期を守らない絵 ...

続きを読む

心温まる映画のアマゾンプライム選思いっきり泣ける映画のおすすめ

映画・ドラマ・アニメおすすめ

2024/1/28

心温まる映画のアマゾンプライム選。思いっきり泣ける映画のおすすめ

心温まる映画や思いっきり泣ける映画のおすすめをご紹介します。アマゾンプライムで見れるやつから選出してます。 山の郵便配達 ある日、中国の山岳地域に手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決め、後を継ぐ息子へと仕事を託します。 息子は仕事を教わるため、父と一緒に配達をするのですが、道中で山の人々と交流を深め、すでに時代遅れとなった山の配達人の仕事を知っていくのです。 2000年代の中国の映画なんですが、見た目古臭いと思うでしょう。しかしかなり絶賛された雰囲気映画です。 徒歩で出紙を配達する、という山の配達 ...

続きを読む

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

カメラ

2024/1/28

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。 osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。 僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。 発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分 ...

続きを読む

-PC