ASRock マザーボードシリーズ 違い

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

ASRock マザーボードシリーズの違いと評判 壊れやすいマザボか?

ASRock(アスロック)はASUSと並び、マザーボード2強の一つです。結論、壊れやすさや評判の良し悪しは変わらないです。ただし、ASRockには様々な種類のマザボがあり、そこは検討が必要です。

この記事の結論

  • ASROCKとASUSは兄弟みたいなもの。熱心に比較するほどの要素はない
  • IntelならB60台、AMDならB50台がおすすめ。
  • PGとかSteel LegendとかはASRockマザボのグレード名

本記事は気さくなASRock公式ツイートさんが巡回済みです。(笑)
別に案件記事とかではないです。たまたまリプライがきました。

ASRock マザーボードシリーズの違いと評判 壊れやすいマザボか?

PG、Steel Legend、Taichiの性能比較

マザーボードを選ぶ際にチップセット番号・グレードを選ぶ必要があります。

例えば、「B550 Phantom Gaming」という商品があります。

B550はチップセット番号であり、Phantom GamingはASROCKが定めたグレードです。

グレードは大きく分けて、

Phantom Gaming(PG) <= PRO < Steel Legend < Taichi < Aqua

の順に高性能になります。

最近ではこれに付随してLive Mixerというモデルもあります。

Taichiに関しては規格がATXではなく、Extendedです。

要は大きめということですね。

Z790 DDR5 ATX版 比較

Steel Legend LiveMixerProPG
16X 3322
4X ----
1X--23
SATA8884
M.25544
M.2規格2242/2260/22802242/2260/22802260/22802242/2260/2280
VRM16+1+114+1+114+1+114+1+1
S/PDIF--
DP1110
USBUSB3.2 Gen2 Type-Ax1/Type-Cx1
USB3.2 Gen1 Type-Ax8
USB3.2 Gen2 Type-Ax2/Type-Cx2
USB3.2 Gen1 Type-Ax4
USB2.0x6
USB3.2 Gen2 Type-Ax1/Type-Cx1
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4
USB3.2 Gen2x2 Type-Cx1
USB3.2 Gen2 Type-Ax1
USB3.2 Gen1 Type-Ax5
USB2.0x1

PCI-Express

グラボを差すスロットです。多いとそれだけグラボを差せます。

SLIと言って、複数グラボを差して性能アップを図ろう!みたいなこともあります。

ぶっちゃけ家庭用なら1台差せれば充分です。

SATA

SSDとかHDDなどを差す場所です。

こちらも2、3あれば余裕で足ります。

現在SATAではなく、m.2という規格でSSDを使うことが多くなったので、これから不要になっていくでしょう。

VRMフェーズ

VRMフェーズ数というのは、電気供給の回路数です。

簡単に言うと、多いと高負荷に耐えられますよ、ということです。

その後、記事を見たのか、ASRock Japanの公式ツイートで補足をしてくれました。

高すぎても部品数の多くなり、故障率上昇にもなるそうなので、回路数もバランスが必要だそうです。

DisplayPort

画面出力時に使います。

主流はHDMIですが、映像だけならこちらの方が質が高いと言われているのです。

正直デスクトップPCはグラボから出力するので、マザーボード側にはほぼ必要ありません。

オンボードLAN

有線LANの速度です。

10BASE-T(10Mbps)、100BASE-TX(100Mbps)から1000BASE-T(1Gbps)となり、

10Mbps,100Mbps,1000Mbps(=1Gbps)と進化を遂げてきました。

さらに上がTaichiに積まれている2500となります。

体感できるかと言われたらちょっと微妙なものです。

ASRockマザーボードシリーズの違い

PG(Phantom Gaming)

最も安い価格帯のモデルです。

正直家庭用であれば、ほとんどの方はこれで必要充分だと思います。

PRO

立ち位置的にはPGと似ています。

スタンダードな"PRO"とゲーミングブランドの"PG"と銘打たれています。

が、ぱっと見違いが分かりづらいです。

この辺りはASUSのTUFとPrimeに似ているかもしれません。

B550比較で言うと、PROの方が(無駄に)VGA出力できたり、USB GEN2ポートが2つついてたりします。

インターフェースが若干豊富な分、汎用性が高いと言われています。

安いマザボを求めているなら、PGかPROで安い&在庫のある方を買うのが良いでしょう。

Steel Legend

VRMフェーズ数が増えるので、より高負荷に向いています。

ハードゲーマー、クリエイターで仕事用途などがあれば選択肢の一つとなるでしょう。

 LiveMixer

デザイン性と変態性を追求した最近出たモデルです。

23基ものUSBポートがあり、+12V電源レールから5Vに変換してUSBポートに供給することで安定性を高める「ULTRA USB POWER」ポート。

ゲーミングデバイス向けの「LIGHTNING GAMING」ポートがあります。

キャプチャする人や配信する人向けのポート類が充実したうえで、ファンキーなデザインが好きなら買いの一手です。

Taichi

価格が上がった分だけ恩恵を受けられるかというと、微妙なラインナップです。

物に寄りますが、VRMフェーズ数も一つ下のモデルから多少増えただけです。

AQUA

目新しい水冷マザーボードです。

最近はグラボもそうですが、水冷式というのが増えてきました。

確かに面白いのですが、個人的にこれ買う人いるの?という印象です。

なぜなら値段が通常のマザボから1つ桁が上がります。

僕が確認した2022年9月30日現在では、Z690比較で上位モデルのTaichiの3倍近く高いです。

ちょっと現実的ではありません。ならむしろグラボの水冷を買えば良いじゃんと思えます。

4Kと同じで、次世代で安くなったら普及するタイプでしょう。

IntelならB760、AMDならB650がおすすめ

続いてチップセット番号ですが、IntelならB760。AMDならB650がおすすめです。

理由として、一般家庭用途なら、無難な拡張性・機能を備えているからです。

上位モデルは拡張性あり過ぎて、絶対余ります。

もちろん上位モデルの方が耐久性は高いですが、体感できる部分が少ないです。

そのため、一番無難なところを選ぶのが良いという結論です。

僕はIntel第12世代時代はB660を使っていました。

動画編集するのでz790に乗り換えましたが、普通に使うならB760で必要充分と感じています。

ASRockとは何者?評判はいかに。壊れやすいかは考えるだけ無駄

ところでASRockってどんな会社か知っていますか?

勘の良い人はASUSと何か名前似てない?…と思うかもしれません。

その通りです。ASRockは元々台湾のASUSの子会社。そして2009年に完全に資本関係が消えました。

そのため、技術的面の根本はASUSと似ているのも無理ないわけです。

一時期は変態マザーとかいうぶっ飛んだ商品を出していましたが、今はASUSのように堅実な製品がラインナップされています。

シェアも2021年10月に3位に陥落していますが、一時はASUSを抜いて1位に。

引用 https://www.bcnretail.com/research/detail/20211115_253206.html

docomo・ソフトバンク・auみたいなものです。

マザーボードのRMA率(返品保証率)みたいなデータを複数検証したものはありません。

ちなみに僕は一つ前のマザボがASRockでした。

が、2年使用後故障で売却できませんでした。

でも壊れやすいか、評判が良いかは、個体差もありますし、体感でしか分かりません。

実は故障率が低くても、たまたま有名youtuberに不良品が渡ればそれだけ印象が悪くなります。

だから考えるだけ無駄なのです。

…というのが、僕の意見。

ASRock公式ツイートによると、一番消耗するパーツの耐久性が250%高い物が使われているとのこと。

みなさんは様々な情報を加味して選択するのが良いと思います。

ASRockとASUSとの違いはあるの?

じゃASRockはASUSはほとんど比較のしようがないのか。

実は区分けはあります。

ASRockの方がコスパが良いメーカー

1つはASRockの方がASUS比較で安いメーカーだということです。

元々信頼と品質を売りにしていたASUSに対し、

ASRockは安さを売りにしていた経緯があります。

しかし、ここ最近は品質にも力を入れ、ASUSよりも安く、品質も同等近くというポジションを確立しました。

2021年初期にASUSを抜いてマザボシェア1位を獲得したのはそういった背景があります。

ASRockにNvidiaのグラボはない

もう1つ、こちらの方が重要ですがASRockはNvidiaのグラボを販売していません。

原因は分からなかったのですが、Nvidiaからチップが供給されていないそうです。

通常、グラボとマザーボードはメーカー違いでも問題ありません。

が、RGBでピカピカに光らせるゲーミングPCっぽさを出すなら、同一メーカーの方がコントロールが利きやすいです。

もしNvidiaを選ぶなら、わざわざASRock製マザボを選ぶメリットが減ります。

(僕は見た目どうでも良い派なので、ASUSマザボ&MSIグラボを使用していますが…)

結局どんな人がASRockマザボがおすすめ?

結論、AMD派の人。

もしくは、メーカー統一を気にしない人

その中でコスパを追求する人がASRockを買う人です。

マザーボードは性能差が体感で分かりづらいため、むしろそれほどこだわらず、CPUやグラボに金を使った方が効率的かもしれません。

ASRockはグラボが比較的廉価な場合が多いです。

特にこだわりがなければ、ASRockでマザボとグラボで組み合わせるのがベストでしょう。

動画解説(聞き流し用)

買ってはいけないグラボメーカーは? ~グラフィックボードの違いと比較

レッツノート使ってる奴は情弱なのか。ブラック企業や生協に愛される理由

PC

2024/4/15

レッツノート使ってる奴は情弱なのか。ブラック企業や生協に愛される理由

レッツノートは大体耐久性がすごいとか、ダサいって話になります。それもそうですが、実はブラック企業に愛されるPCだとか、生協御用達PCであるという話を知ってるでしょうか。 レッツノートはブラック企業に愛されるPC レッツノートの良し悪しはともかく、現在ブラック企業御用達なPCだと知ってますか? 僕もかつて1台だけ使ったことがあるのですが、耐久性は間違いなくトップクラスです。 法人向けに商売をしている傾向があり、壊れづらく保証も手厚い。 で、企業に大量採用されるということは、大量廃棄もされるということ。さらに ...

続きを読む

ダイナブックやめとけとか評判悪い話は否定する。実際に使った感想

PC

2024/4/15

ダイナブックやめとけとかおすすめしない説はどうか。実際に使った感想

僕が使ってるダイナブックは結構おすすめ まず、メーカーの評判って個人感でしかありません。なので、僕が実際にダイナブック使った体感の話をします。 ダイナブックのメリット 最近は軽量モバイルノート系に強い ここ最近、ダイナブックは法人・ビジネス向けの軽量モバイルノートに力を入れてます。前は6~7万の個人向けPCとかも売ってましたが、現在はほとんどビジネス向けです。 位置づけで言うとパナソニックのレッツノートに近いですが、あっちは高額だったり、色々癖の強いPC。今までの操作感で軽量モバイル欲しいって人はダイナブ ...

続きを読む

macbookにすればよかったと思う瞬間とmacは仕事に使えない説

PC

2024/3/30

macbookにすればよかったと思う瞬間とmacは仕事に使えない説

winとmacどっちも使う派ですが、最初からmacにすればよかったーと思う面と、macは仕事に使えないな、と思う瞬間どっちもあります。 macbookにすればよかったと思う瞬間 macを買ううえで一番のメリットは、一定の品質が保証されている点です。 windows PCであれば、正直メーカー保証もどうか分からないし、キーボードの打鍵感がどうとか、スピーカーはどうとか、カタログスペック外のことが分かりません。 特に最近は通販で現物を見ずにPCを買うことが多いので、キーボードの打鍵感で不満が出ることが多いです ...

続きを読む

macとwindowsの操作の違いを両刀使い派が解説。どっちがいいか悩む人へ

PC

2024/3/30

windowsからmacで感じる違いを比較。両刀使いの2台持ち民が解説

先日久しぶりにmacを買ったwindowsユーザーです。OS変更は結構敷居が高くて、実際に使い勝手で困ったことをお話しします。 winユーザーが多いので、→mac乗換した目線で困ることを話します。 変更して後悔することや困ること(macで絶対無理なこと) まだまだあると思いますが、ざっと思いつくのがこの辺です。 画面分割がまともにできない macで画面分割すると、標準のsplit viewを使います。これが使いずらい。分割する挙動が遅いんですよね。あと勝手に全画面表示になるのがうざいです。 改善するにはr ...

続きを読む

PC

2024/3/17

Macbook Air M3は買うべきか。M2比較どっちか。M3レビュー

m3版 macbook airが発売しました。m2とそんな変わらない気がしますが、比較してどっち買うか解説します。 この記事の結論 Macbook Air M3は買うべきか。M2比較どっちか M3 vs M2 スペック比較 Air M3 Air M2 サイズ 1.13× 30.41× 21.5 1.13× 30.41× 21.5 重さ 1.24kg 1.24kg プロセッサ M3 M2 GPU 8コア10コア 8コア10コア RAM 8GB16GB24GB 8GB16GB24GB 画面 13.6インチ25 ...

続きを読む

-PC