自作PCおすすめパーツ。買って良かった物と評価 2023年~2024年版

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

自作PCおすすめパーツ。買って良かった物と評価 2023年~2024年版

2023年に買った自作PCパーツの中から、おすすめのものと、微妙だったもの含めて評価・ご紹介します。

  • ★★★★★ 今年の一押し
  • ☆☆☆☆ おすすめ
  • ☆☆☆ 予算あれば買い
  • ☆☆ 他でも良かった感
  • ☆ いらんかった

買って良かった自作PCパーツのおすすめと評価2023年~2024年版

グラフィックボード

Palit RTX4070Ti Gaming Pro ★★★★★

TX4070Ti自体が10万ちょいで3090相当が手に入る良モデルです。ゲームするミドル帯ならこれ。性能的にも安さ的にもPalitが良い感じにまとまってます。

冷却性能も良く、静音性もほとんど気にならないレベルです。価格・冷却・静音の面で4070Tiの中では一番バランスが取れてるかもしれません。(詳しいデータは下記記事参照)

が、実はこの機種半年くらいで不調になって返品保証になったんですよね。でも販売店のドスパラは秒で返金してくれて、何の不満もありませんでした。

palitならドスパラ公式で買うなり、アマゾン経由でドスパラから買うなりすると思うので、アフターフォロー含めて買って良かったと思ってます。

RTX4070Tiメーカー比較でおすすめのグラボモデル ~3080性能比較&CPU組み合わせのボトルネック~

MSI RTX4080 Ventus (買うな)

二度の初期不良でした。二度目の時は発狂寸前だったので、「Gigabyteのマネ!」とか言ってクラック叩き壊そうと思ったくらいです。(やりませんけど)

あと、小型なのはいいんですが、かなり熱いです。元々MSIは静音〇冷却×の機種というデータがでてましたけど、触るとマジで熱い。

ventusは3080のとき使ってて何の不満もなかったんですが、今回のことがあってしばらくMSIでグラボ買うのは控えようと思います。

もちろんアタリハズレの話なので、みなさんが買っても大丈夫な場合がほとんどです。

玄人志向 GG-RTX4080-E16GB/OC/TP ☆☆☆

返品保証したventusの代打として買ったのがgalakuro gaming。いまのところ満足です。

冷却性・静音性ともに何の不満もありません。価格も最安値だったMSI ventusやpalit gaming proからちょっと高いくらい。

しかもgalakuroシリーズの場合3年保証です。チャットサポートもあるし、保証の面ではかなり安心してます。

付属品もモリモリで、高温部分を冷やすRGB付ケースファンや、RGB付GPUステイなども付属してます。

デメリットを言えば、かなりデカい事。msi ventus RTX4080と比べると、縦にも横にもとても同じ4080とは思えないレベルでデカいです。(付属品も多くて箱の時点でだいぶデカかったけど)

僕はサイズ計り忘れと言う初歩的なミスを犯していて、簡易水冷つけてると横幅が当たって入り切りませんでした。

買うときはサイズに注意してください。

rtx4080は自作erに高すぎる&売れないグラボだが欲しい性能。メーカー比較とおすすめ

CPU

Intel i7-14700K ☆☆

評判の悪いintel cpu14世代ですが、14700Kは少なくとも悪くありません。

ただ既に13世代持ってる人が14世代買う必要はないので、12世代以前を持ってる人は検討って感じです。

intel14世代13世代CPU性能の違いを比較。14世代待つべきじゃなかった

INTEL CPU CoreI7-13700F ☆☆☆

最近はCPUも性能が上がりすぎて、一個下の13600Kとかでも十分だったかもしれません。

差額でグラボに費やした方が効率的。

でも13700無印自体は高性能で満足してます。

intel13世代12世代CPU性能比較。スルーで14世代待つべき?

マザーボード

ASRock マザーボード Z790 LiveMixer Intel ☆☆☆

ASRockマザボ上位版であるSteel Legendのさらに上位モデルであるlive mixerです。

USB数が素晴らしいし、デザインもめちゃカッコイイです。

他にもコンデンサが非常に良いものが使われていたり、ゲーム配信者用のポートがあったりと機能も満載。

ただし高い。そして最もデメリットなのが高いくせにwifiとbluetoothがついてません。なのでUSB式でもいいので後付けする必要があります。

ASRock マザーボード Z790 Steel Legend WiFi Intel ☆☆☆☆

価格的にも拡張性的にも一番おすすめのハイエンドマザボ。MSIのMPGなんかも候補だったけど、こっちの方が1万円くらい安かったので満足。

白いヒョウ柄?みたないデザインもカッコ良いです。

実はこいつグラボ差込口がおかしくなって返品保証。rtx4000番台が重すぎる問題もあると思うんですが、壊れなければ価格的・機能・デザイン的にもっとおすすめできたのになあ…という感じ。

ROG TUF PRIMEの違い ~上位と下位マザーボードで何が違うのか比較~

電源ユニット

Thermaltake TOUGHPOWER GF3 1200W ★★★★+

あまり使ってる人いないと思いますが、サーマルテイクの電源ユニットです。1200Wながら、他メーカーよりも安かったので購入。保証は他メーカーが3年くらいなのに対し、こちらは驚異の10年。(まあそんな使わないですけど)

さらに1200Wと強力なのに、150×150とサイズも普通の電源ユニットと変わりません。

そして何が一番良いかと言うと、12VHPWR(12ボルトハイパワー)補助コネクタが付属でついてくること。また、本体も専用の差込口があるということ。さらにケーブルも柔らかくて90度曲がるので、下から通せます。

PC内の配線が一気に快適になります。特にRTX4080台超えると、線が3本になりますから。

通常時
12VHPWRケーブルのみ

コルセアとかも12VHPWRケーブルあるんですが、あっちはケーブル別売り。しかも安くてケーブルが硬いか、使いやすいスリーブケーブルで4,000円くらいする劇高のやつかしかありません。玄人志向とかだとそもそもケーブルがありません。

12VHPWR標準付属の電源って最近結構出てきたようですが、サイズとか値段加味すると意外と選択肢ないんですよね。

まだ購入して間もないので耐久性は未知数ですが、ちゃんと2年くらい持つなら、今年のイチオシに選んでいました。

買う場合は通常版と12VHPWR有のPCIe5.0ネイティブ版があるのですが、2,000円くらいしか違わないので、断然上位版をお勧めします。また、850W版と1000W版もあります。

玄人志向 80Plus Gold 850W ☆☆☆☆

RTX4070Ti用の電源ユニットです。

玄人志向は全然故障しないし、安いし、普通に買うだけならほとんど外れたことありません。

CPUクーラー・ケースファン

DeepCool LT720 液体クーラー 360mm ☆☆☆☆

簡易水冷で有名なLS720のファンが光らない版、LT720です。僕は光るPC目指してないので、こっちを買いました。

冷却や静音性の面でも、起動時に簡易水冷独特のドクドク音が聞こえて、後は全然静かです。

色々調べて他の簡易水冷よりデータ上の数値が良かったので買ったわけですが、今のところ何の不満もありません。

ただ、14世代CPUの上位版が使いたくて買っただけなので、ミドルレベルのCPUであれば下記の空冷でも十分です。

Deepcool AK620 CPUクーラー ☆☆☆☆

左 虎徹mark2 右 AK620

ぶっとい空冷CPUクーラー。すごい冷えます。

水冷はとりつけが面倒だし高負荷なCPUがなければ空冷で十分です。

簡易水冷より若干うるさいですが、問題ない範疇と言えるでしょう。

DeepCool FK120 Single ☆☆

ケースファンはなんでも良かったので、光らない安いやつ購入。

物によって若干騒音レベルは違うだろうけど、細かいデータとか調べられないし、これで満足。

その他

CORSAIR DDR5-5200MHz ☆☆

メモリはぶっちゃけ何でもよかったけど、コルセアが好きなのでこっち買いました。

デザイン気にしないなら光らないモデルが安いのでおすすめ。

Crucial(クルーシャル) P3 4TB ☆☆☆

とりあえず、m.2 4TBのなかでは一番安かったので購入。

安いので満足。

Western Digital ウエスタンデジタル WD Blue HDD 8TB☆

(写真撮るの忘れた)

正直もうHDDに未来ないしうるさいしで、少しでもSSD、というかm.2への資産に代えた方がいいです。コスパが悪いので。

その場しのぎで大容量のHDDなんか買っても、すぐにm.2買いなおして押し出されると思います。

動画編集やってて、編集物残したいとかならワンチャンあるかも。

GPUスタンド(L) ☆

効果あるか分かりませんけど、最近はグラボが重すぎるので、GPUステイを買いました。

結果として最近のグラボは付属のステイがついてるので、わざわざ別途買わなくていいかも。というか僕もそうでした。

画像のはMSIのグラボステイが使い物にならないので買った物です。

動画解説(聞き流し用)

自作PCおすすめパーツ。買って良かった物と評価 2023年~2024年版

ガジェット

2024/5/22

Google Pixel8aを端末のみ購入の最安で安く買う方法

Pixel8aが発売しました。端末のみで安く買うにはどこが良いか。今のところアマゾンで買うのが一番良さそうです。一応冒険するなら楽天もありますが、詳しい説明をします。 Pixel 8a端末のみ最安価格 (SIMフリー) amazon 楽天市場 yahoo 公式 72,600円 68,980円 66,321円 72,600円 2024/05/22時点 まずSimフリー系ですが、基本は通販系のサイトを利用すると思います。 楽天やYahooは安い上、ポイントがつきます。多分何もしてなくても楽天の会員だったり楽天 ...

続きを読む

iPad Pro 2024 M4レビューM3MacやiPhoneとベンチ比較

スマホ

2024/6/1

iPad Pro2024 M4レビュー。M3 MacやiPhoneとベンチ比較

新型ipad発売しました。薄型軽量好きにはたまらないガジェットです。 ですがM4はどれほどすごいのか、M3 MacbookやiPhoneなどとも比較検証してみました。 超薄い!超軽い!外観は素晴らしい 今回のiPadで最も注目されているのが軽さと薄さです。 小銭5~6枚くらい手に取ってみてください。そのくらいの薄さです。マジで薄い。 手に持っても、13インチの大型タブレットを持っている感覚がなく、その辺の板切れを持っているような感覚(誉め言葉)。 13インチ系iPadのサイズ (Wifiモデル) M4 P ...

続きを読む

スマホ

2024/5/22

Pixel8aレビュー。7aスペック比較やantutuベンチ検証。順当進化だが…

コスパ最強7aの後継8aですが順当進化です。一方、進化点は微妙で7aでも良くね?となります。現在価格差は2万ほど。ベンチマーク計測やスペック比較したのを参考にしてください。 この記事の結論 Pixel aシリーズの選び方 Pixel8a 購入ページ (au online shop) Pixel8aレビュー。7a比較で何が向上したのか Tensor G2からG3へ Geekbench 5.5 シングル マルチ Apple A17 Pro 2138 5305 Snapdragon 8 Gen 3for Gal ...

続きを読む

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

国内旅行

2024/6/15

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

広島はアクセスも良くて、車なしで観光地を巡りやすいです。広島-岡山間でおすすめの場所や回り方をご紹介します。 今回行った観光地と現地の写真 尾道駅周辺のホテルを探す (楽天トラベル) 大久野島 広島観光でおすすめなのが、まず大久野島です。 ここは元毒ガス製造所だった場所ですが、今ではウサギが大量に繁殖し、ウサギ島と呼ばれています。 ここは尾道から広島駅方面へ行く途中、三原駅で降り、フェリーに乗ると行けます。 なんか見るからにホラーっぽいところですが、現地に行くと全くそんなことありません。 ここのウサギたち ...

続きを読む

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

スマホ

2024/5/21

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

GalaxyについにSimフリー版がでました。これぞ最強スマホ。正直他のAndroidは太刀打ちできません。比べる相手と言えば、iPhone15proくらいでしょう。 Galaxy S24レビュー まず、S24は10万円以上が予算ならほぼ9割の人が買うべきスマホと言えます。 処理速度は最高、軽い、カメラそこそこ、防水防塵、価格◎、といった感じ。 他のスマホはAIとかカメラの新機能とかで独自性を出そうとしてます。はっきり言って不要。 軽い・処理が早い・値段それなりのスマホこそ、多数派に求められているものです ...

続きを読む

-PC