アマゾンプライム星5級の邦画おすすめ アマプラ日本映画ランキング

本サイトはアフィリエイト広告を含みます 映画・ドラマ・アニメおすすめ

アマゾンプライム星5級の邦画おすすめ アマプラ日本映画ランキング

アマゾンプライムで見れる星5級の邦画のおすすめをご紹介します。批評とか無関係で、超個人的な邦画ランキングです。

(アニメは除いてます。)

アマゾンプライム星5級の邦画おすすめ アマプラ日本映画ランキング

歩いても歩いても 1位

少年を助けて溺死した長男の死を悼むため、主人公・良多とその妻・ゆかり、ゆかりの連れ子・あつしとともに実家に帰省します。

家族は一日中会話を交わし、食事を共にし、亡くなった息子のことを思い出すのですが、日が進むにつれて、家族のギクシャク感が表面化します。

良太は亡くなった兄の影のような扱いを受けており、父親ともうまくいっていません。

また、妻のゆかりは家族に溶け込めず、不安を感じていました。

一方、帰省先の老夫婦二人は、それぞれの秘密や後悔を抱えて、亡くなった息子を静かに悲しんでいたのでした。

日本人の家族が集まると、ああそうなるなぁというのがとてもリアルです。

”みんな悪い人ではない、でも気を遣う、しかも腹に一物抱えている”。まさに日本人の家族・親戚たちが一堂に会する、という感じです。

一見強面だが根は優しいおじいちゃんや、一見愛想が良くも台所で人の愚痴をこぼすおばあちゃんなんて像は、如何にも日本らしいです。

特に樹木希林が演じているおばあちゃんは、日本ぽい田舎の祖母をとらえているだけでなく、人の抱える冷酷さも体現した魅力的なキャラクターになっています。

歩いても歩いても

©「歩いても 歩いても」製作委員会

created by Rinker
¥407 (2024/06/15 07:44:16時点 Amazon調べ-詳細)

東京物語 2位

外国人にとって「七人の侍」が最も著名な映画でしょうが、最も好きな映画に選ばれるのが本作です。

とにかく家族というものが客観的かつ冷徹に描かれています。

田舎から両親が東京にやってくるものの、子供たちは兄弟そろって仕事で忙しく面倒。

唯一親切なのは、息子の嫁であり、義理の娘である紀子。

年老いた両親たちはどこか邪険にされていることを察しつつも、子供らを心配する姿が胸を打ちます。

数多くある原節子×小津監督の作品の一つですが、本作は会話のテンポや人との関係性が超リアル。

特に原節子の貞淑かつ腹に一物抱えるような日本人女性像は素晴らしい演技で、「ああ、こういう親戚いたなあ」と既視感を覚えるほどでした。

両親が祖父母の家に行ったときの変な距離感を思い出したり、日本人独特の奇妙な気の遣い方まで非常に再現性が高いです。

80年以上も前に撮影された映画ですが、家族の本質って変わらないんだなあと思わされます。

時代だけでなく、国をも超えて家族の普遍性を感じ取れる名作です。

東京物語

©松竹大船撮影所

created by Rinker
¥1,000 (2024/06/15 07:44:17時点 Amazon調べ-詳細)

リトル・フォレスト 3位

故郷に戻り、季節ごとの美味しい食べ物と自然との触れ合いを通じて成長していく女性の物語です。

都会で働いていた主人公・市子が、母親の死をきっかけに故郷の田舎に戻るところから始まります。市子は子供の頃に暮らしていた家に戻り、そこで農作業や料理を通じて、自給自足の生活を始めます。

四季折々の美しい風景と豊かな食材に囲まれながら、市子は自然と向き合いながら料理を作り、地元の人々と交流します。

物語は四季の移り変わりとともに進みながら、周囲の人々との絆を深めていくのです。

本当に自然体で美しい映画です。

原作は漫画で、作者が岩手県衣川村(現:奥州市)で生活した実体験を基にしているのだとか。

小森(実際には大森)と呼ばれる土地は四季の移ろいが美しく、一方で不便だし何もない場所です。

そんな中、当時美少女女優という印象しかなかった橋本愛がほぼすっぴんで農業しているか料理しているかという映画。

夏になれば薪ストーブでパンを焼き、冬になれば積雪で辺り一面が埋まり、春になれば桜が咲く、なんて当たり前の日常が心地良く響く映画です。

一応、夏・秋が前編で、冬・春が後編という形になっています。

リトル・フォレスト 夏・秋

リトル・フォレスト 冬・春

©「リトル・フォレスト」製作委員会

created by Rinker
¥300 (2024/06/15 07:44:17時点 Amazon調べ-詳細)

海街diary 4位

吉田秋生作の「海街diary」が映画化したものです。

鎌倉に住む香田三姉妹の下に腹違いの妹がやってくる、という話です。

日本の美人女優を集めきった作品ですが、ストーリー上特に何も起きません。

ですが、眺めているだけでもうちょっと浸っていたい、この世界を見ていたいと思わせてくれる映画です。

監督は是枝裕和。家族や雰囲気映画を撮らせたら右に出る者はいない監督です。

海街diary

©「海街diary」製作委員会

バトル・ロワイヤル 5位

物語は、近未来の架空の日本を舞台に展開します。

政府の権威に反抗する若者たちが増え、政府は「バトル・ロワイヤル」と呼ばれるプログラムを開始します。毎年一組のクラスが無人島に送り込まれ、3日間にわたって生き残るために互いに戦わなければなりません。

主人公・七原秋也は、クラスメートたちと共に無人島に送り込まれ、彼らには首輪が装着されます。首輪には爆弾が仕込まれており、政府は制限時間内に生き残ることができるのはただ1人だけと告知。

お互いを殺し合う最中、七原とヒロインの中川典子を中心に、彼らは必死の戦いを繰り広げます。

子供のころ、この映画は学校で話題になっていました。

まだ映画のサブスクなかったころ、兄弟がいる子は、「おい、今日アニキがアレ借りたから内緒で見ようぜ」的な空気がありました。PTAからも大バッシング。デスゲーム物の先駆けとなった作品です。

当時は怖い物見たさで視聴した作品でしたが、大人になってから見ると、「ああそうか。これは戦争を戦場からほど遠い日本の子供に置き換えているんだ」と、理解するようになりました。

監督の深作欣二は当時若手だった役者たちに、自身の戦争経験などを話していたからです。監督も砲撃によって脅威にさらされ、死骸の処理など中学生だった自分たちで片づけていた、を役者たちに語っていました。

なぜ戦争映画プライベートライアンは描写がリアルだと絶賛されて、バトルロワイヤルはダメなのか。

2000年代って”キレる子供”とか”無気力なゆとり世代”とか、子供は色々な言われ方してました。

深作監督は「お前らもっと毎日を死ぬ気で生きろよ」とか、「戦争を起こした大人の綺麗事なんてぶっつぶせ」みたいなメッセージを、巨匠なりのやり方で伝えたかったんじゃないかなあと思っています。

バトル・ロワイヤル

©東映

created by Rinker
¥400 (2024/06/15 07:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

以下6位以降は同じくらい好きなので順位をつけていません。

花束みたいな恋をした

男女の5年にわたるラブストーリーです。

東京の明大前駅で終電を逃した22歳の主人公とヒロインが、偶然にも意気投合。付き合うことになりました。

こうして5 年間にわたる二人の関係が綴られていくのですが、二人はともに成長し、愛し合い、そしてお互いに溝ができていきます。

趣味も合うし、相性もばっちり、なのに”そうじゃなかった人”との出会いと別れの物語です。

本作は”彼女がいた”、”彼氏がいた”という人にはグッとくるものがあります。

人間って不思議なもので、相手が最良と分かっていても、冷めるときって必ず訪れます。

劇中に出てくる二人は、大学生から社会人になるにつれて、自分の仕事の予定だったり、ストレスだったりですれ違っていきます。今後一生続くかどうかは、微妙なタイミングだったり、気持ちだったりするんですよね。これがなんともリアル。

人によっては「これが大人になるっていうこと」って話かもしれませんが、僕からすれば最高の相手との思い出って、例え上手くいかなかったとしても、大切な物だよなあとしみじみしました。

花束みたいな恋をした

©『花束みたいな恋をした』製作委員会

created by Rinker
¥2,500 (2024/06/15 07:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

CURE


東京で一連の連続殺人事件が発生しているという状況から始まります。被害者たちは、容疑者の犯行後に意味不明な「X」の文字を胸に刻まれた状態で発見されます。

刑事の高部は捜査を進めるうちに、別々の容疑者たちが同様の手口であることから、何らかの洗脳行為を疑いました。

捜査線上には間宮という男があがり、尋問することになったのですが、彼の動機や真意は不明でした。

さらに詳細を突き詰めていくと、彼らはみな、何らかのトラウマや心的外傷を抱えており、その共通点が事件の鍵を握っていることに気付くのです。

この作品を見たとき、非常に不可解な気持ちになりました。

当初は「伝道師」というタイトルだったらしいのですが、後に現在の「cure」という題に変更。秀逸なタイトルだと思います。

これは劇中で殺意を引き起こす行為を指しているのですが、殺意というのは人の中に潜在的に眠っている物。その行為をcure(癒す)と表現しているのですから、制作側のセンスに脱帽しました。

ラストシーンも強烈でありながら、非常に静か。というか怖いくらいで、いまだにしっかり覚えています。

CURE

©大映

created by Rinker
¥324 (2024/06/15 07:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

カメラを止めるな

「カメラを止めるな!」は、2017年に公開された日本のコメディホラー映画で、監督は上田慎一郎です。

物語は、低予算映画を撮るために集まった映画撮影クルーの活動を追っています。

クルーは廃墟となった病院でホラー映画の撮影を進めていましたが、実はとんでもない経緯を含んだ撮影現場だったのです。

何も前知識なしで見るべきです。

ちなみに僕は、本作を台湾にいたときに劇場で見たのですが、友人含む観客全員が前半を「なんだこれ?」と言いつつ、後半は爆笑の渦に巻き込まれていました。

フィリピンにいたときにも、現地人におすすめの笑える映画あるか?と聞かれたため、本作をおすすめしたところ、「こんな映画見たことない」と絶賛していました。

カメラを止めるな

©ENBUゼミナール

created by Rinker
¥330 (2024/06/15 07:44:21時点 Amazon調べ-詳細)

Shall we ダンス?

主人公の中年サラリーマン、杉山は日々のルーティンに疲れ果て、何か新しい刺激を求めていました。

ある日、帰りの電車から見えたダンス教室美しい女性に心を奪われ、憧れを抱きます。そして勇気を振り絞り、ダンス教室に足を運んで入会を決意したのです。

初めは他の生徒たちとはぎこちないダンスを習っていたのですが、次第にダンスの魅力に取り憑かれていきます。

しかし、ダンスを習っていることを家族に隠し続けるうちに、彼の変化に気付く妻は浮気を疑ってしまいました。家族との関係が悪化する中でも、杉山はダンスへの情熱を向け続けたのです。

この作品と言えば、切っても切れないのが金曜ロードショーでしょう。

腐るほど見ました。そして何度見ても素晴らしい作品です。

子供の時に見た感想も、大人になってからの感想もほとんど変わりません。そりゃ男だったら、美女がいる社交ダンス教室に乗り出したいって気持ちになるでしょう。例え社交ダンスが時代錯誤であろうともです。

ヒロインの草刈民代は、影のある美女ダンサーという役柄が本当にぴったり。他にも竹中直人や渡辺えりなど、ユーモラスな役者ぞろい。

笑いあり、男心をくすぐる要素有で、懐かしの名作だと思います。

Shall we ダンス?

©東宝

created by Rinker
¥324 (2024/06/15 07:44:21時点 Amazon調べ-詳細)

空白

万引き未遂事件で逃走した女子中学生が、万引き先のスーパーの店長に追いかけられた挙句、トラック事故に巻き込まれてしまいます。

娘が亡くなった一報が漁師をしている父親に届けられると、彼は無残な状態だった娘の姿を見ることになります。

父親は、間接的に原因となったスーパーの店長を問い詰め、マスコミにかき乱されながら、憎しみをエスカレートさせていくのでした。

また、娘が万引きをするはずないと疑わない父親は、いじめがあった可能性を模索したり、店長に関する良からぬ噂も耳にします。

しかし、一向に真実は分からないままだったのです。

本作は"誰が加害者で被害者、何が正しいで正しくないか"、という表のテーマを基準に進んでいきます。

一方で、「みんなどうやって折り合いつけるのかなあ」という主人公のセリフがあるのですが、"人は怒りや憎しみを持った時、どうやって前へ進むのか"、という裏のテーマがあります。

劇中の主要な登場人物は少しずつ対応を誤ったものの、事故自体にはみな大きな悪意があったようには見えませんでした。

(店長の噂が本当だった場合や、学校の責任者は別ですが)

製作側もあえて明確な事実をぼかすことで、「こいつらはそれほど悪いやつらには見えない、この上なく後悔もしてる、でも真実が分からないから身動きがとれない」という状況を上手いこと作りだしています。

実際に事故があった場合も、相手の真意なんて分かる由もありません。

空白

©2021「空白」製作委員会

created by Rinker
¥400 (2024/06/15 07:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

そして父になる

社会的地位のある建築家の良多と妻みどりのもとに、ある日息子に関する一報が届きます。

6歳の息子は、実は病院のミスにより、彼らの実子と他の家族の赤ちゃんが入れ替わっていたのです。

衝撃的な事実を受け入れることができず、二人は生物学的な子供でなくとも、育ててきた子供こそが自分たちの本当の子供であると信じ込もうとします。

互いの両親は、血のつながった実の子か、今まで育ててきたわが子か選択を迫られます。

そこで、「ミッション」と題して子供を相手の家に泊まらせる計画を立てるのです。

「歩いても歩いても」と同じ是定監督のとんでもない作品。

”赤子の入れ替わりで自分の子供が他人。なら元に戻して交換しよう”と、ありそうでなかった内容です。

主人公は裕福な家庭を築くちゃんとした社会人ながら、子供にどこか無関心です。それが福山雅治にはまり役。

福山雅治、尾野真千子の配役で当初見る気はなかったのですが、とんでもありませんでした。

戻ってきた子供を愛そうとする母親が、かつての息子に申し訳ないと思う気持ちはなんとも切ないです。

血より濃い家族の繋がりを描いた万引き家族もそうですが、結局今家にいる我が子を愛せるのが本当に父になるってことなんだと思わされました。

そして父になる

©「そして父になる製作委員会

created by Rinker
¥330 (2024/06/15 07:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

アマプラ期間外ならU-NEXTで視聴

アマゾンプライムは日々映画を入れ替えているので、見れないのは大体U-NEXTで視聴可能です。


とにかく映画の数が半端じゃなくて、ストックが尽きることはありません。

僕も実際に加入した上でアマプラ以上に映画を視聴しています。

永遠に加入する必要はないので、暇なときに加入して見まくるのが良いと思います。

Netflixと違って、加入前でも映画名検索できるので、試してみると良いでしょう。


ガジェット

2024/5/22

Google Pixel8aを端末のみ購入の最安で安く買う方法

Pixel8aが発売しました。端末のみで安く買うにはどこが良いか。今のところアマゾンで買うのが一番良さそうです。一応冒険するなら楽天もありますが、詳しい説明をします。 Pixel 8a端末のみ最安価格 (SIMフリー) amazon 楽天市場 yahoo 公式 72,600円 68,980円 66,321円 72,600円 2024/05/22時点 まずSimフリー系ですが、基本は通販系のサイトを利用すると思います。 楽天やYahooは安い上、ポイントがつきます。多分何もしてなくても楽天の会員だったり楽天 ...

続きを読む

iPad Pro 2024 M4レビューM3MacやiPhoneとベンチ比較

スマホ

2024/6/1

iPad Pro2024 M4レビュー。M3 MacやiPhoneとベンチ比較

新型ipad発売しました。薄型軽量好きにはたまらないガジェットです。 ですがM4はどれほどすごいのか、M3 MacbookやiPhoneなどとも比較検証してみました。 超薄い!超軽い!外観は素晴らしい 今回のiPadで最も注目されているのが軽さと薄さです。 小銭5~6枚くらい手に取ってみてください。そのくらいの薄さです。マジで薄い。 手に持っても、13インチの大型タブレットを持っている感覚がなく、その辺の板切れを持っているような感覚(誉め言葉)。 13インチ系iPadのサイズ (Wifiモデル) M4 P ...

続きを読む

スマホ

2024/5/22

Pixel8aレビュー。7aスペック比較やantutuベンチ検証。順当進化だが…

コスパ最強7aの後継8aですが順当進化です。一方、進化点は微妙で7aでも良くね?となります。現在価格差は2万ほど。ベンチマーク計測やスペック比較したのを参考にしてください。 この記事の結論 Pixel aシリーズの選び方 Pixel8a 購入ページ (au online shop) Pixel8aレビュー。7a比較で何が向上したのか Tensor G2からG3へ Geekbench 5.5 シングル マルチ Apple A17 Pro 2138 5305 Snapdragon 8 Gen 3for Gal ...

続きを読む

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

国内旅行

2024/6/15

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

広島はアクセスも良くて、車なしで観光地を巡りやすいです。広島-岡山間でおすすめの場所や回り方をご紹介します。 今回行った観光地と現地の写真 尾道駅周辺のホテルを探す (楽天トラベル) 大久野島 広島観光でおすすめなのが、まず大久野島です。 ここは元毒ガス製造所だった場所ですが、今ではウサギが大量に繁殖し、ウサギ島と呼ばれています。 ここは尾道から広島駅方面へ行く途中、三原駅で降り、フェリーに乗ると行けます。 なんか見るからにホラーっぽいところですが、現地に行くと全くそんなことありません。 ここのウサギたち ...

続きを読む

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

スマホ

2024/5/21

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

GalaxyについにSimフリー版がでました。これぞ最強スマホ。正直他のAndroidは太刀打ちできません。比べる相手と言えば、iPhone15proくらいでしょう。 Galaxy S24レビュー まず、S24は10万円以上が予算ならほぼ9割の人が買うべきスマホと言えます。 処理速度は最高、軽い、カメラそこそこ、防水防塵、価格◎、といった感じ。 他のスマホはAIとかカメラの新機能とかで独自性を出そうとしてます。はっきり言って不要。 軽い・処理が早い・値段それなりのスマホこそ、多数派に求められているものです ...

続きを読む

-映画・ドラマ・アニメおすすめ