osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

本サイトはアフィリエイト広告を含みます カメラ

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。

osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは

まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。

僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。

発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分はそれほど発熱してないので、撮影するのに弊害はないでしょう。

また、動画は2時間くらい撮影すると、30分程度で複数になって分割で保存されていました。

今回ジンバル固定の検証なので、ガンガン首振ったりすると微妙に時間が違ってくると思います。それと冬の検証なので、夏の野外になってももうちょい早いはず。

とはいえ、これ以上長い時間一度に撮影するなら、もはやosmo pocketの領域ではありません。

普通に使う分には熱暴走の心配はなさそうです。

クリエイターコンボとの違い

コンボ版と通常版の違いは、付属品のアイテムです。主に、赤枠がコンボのみのアイテムです。

僕はosmo pocket2でクリエイターコンボ買ったんですが、正直コンボ品って結局使わないことが多かったです。使うとしたらバッテリーバンドルくらいでしょうか。

差額2万なので、なんなら欲しい奴だけ単品で買えば良いと思います。

今回僕はコンボ品買わなかったんですが、2の時と中身が同じなので、その感想を張っときます。

バッテリーバンドル

重くなる代わりに持ち手部分が長くなるので、手の大きい男性は逆に持ちやすくなります。これは普通に良いと思うので、これのために買っても良いでしょう。

created by Rinker
DJI
¥9,570 (2024/02/25 22:44:56時点 Amazon調べ-詳細)

広角レンズ

ぶっちゃけこれはいりません。

すでに広角として十分ですし、もう一つの理由が、取れやすいことです。

はめるのではなく、くっつくタイプなので、使用中体とかに接触するとポロっとなくします。

マイクロ三脚

用途によっては使います。Vlogでご飯を食べているときなどです。

僕は野外でしか使わないので、意外と使う機会がありませんでした。

ただし、別売りでも3,000円ほどで買えます。三脚だけ欲しい場合は通常版+三脚で買いましょう。

created by Rinker
DJI
¥3,019 (2024/02/25 18:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

マイクのもふもふ(ウィンドスクリーン)

風切音を防ぎたい場合は必要です。

マイクトランスミッター

ワイヤレスマイクとして音を収録できます。クリップのように挟めるので、胸元に着けるピンマイクです。

一応言っておくと、別にマイクつけてなくても外部音は収録できます。

安いpocket2とどちらを買うか。GoProとどっち買うか

pocket2と比較してどっち買う?

性能だけ考えたら、ほぼ全目線Pocket3で良いです。

理由は夜景だったり、光量が足りない時の画質の差。レンズが大型化し、3の方が格段に良くなりました。

また、撮影中の画面も大型化し、非常に見やすいです。

2のときは画面が小さすぎて全然見えません。

ただし、2の小型が必ずしも悪いという話でもなく、街中でこれ持ってても撮影してる感がないです。やっぱ目の前に人がいてカメラ向けてたら良い顔されないじゃないですか。俺様youtuberみたいな空気出さずに、人ごみに溶け込みやすいのは2の方でしょう。

あとやっぱ、軽いです。2は117g。3は色々大型化して見やすいんですが、179gと結構重くなりましたからね。

GoProと比較してどっち買う?

GoProは以下のメリットがあります。

  • 手振れは強力
  • 画角が広い
  • 防水
  • バッテリーはサクッと交換できる
  • 耐久性があるから雑に使える

一方で最大のデメリットは、熱暴走して30分くらいで止まるということ。

一度止まったら熱を冷まさないと、今度はもっと短い時間で止まります。

さらに、バッテリーがしょぼいです。簡単に交換できてバッテリー自体も安い代わりに、何度も交換が前提になってきます。

ウォーターアクティビティなど防水が必要な時、山登りやバイクなどアクション性を求めるときはGoProが良いです。一方で、Vlog撮るとかならOsmo Pocket3をお勧めします。

スペックと外観

  • サイズ 139.7×42.2×33.5 mm
  • 重量 179 g
  • マイクの数 3
  • サイズ:2.0インチ
  • 解像度:314×556
  • 輝度:700ニト
  • 対応SDカード
  • microSD(最大512GB)

欲しいと思ったら買いでOKの一品

結論、ちょっとでも欲しいとか、youtube始めるのに使いたいとか思うなら買いの一手です。

2で撮影画面見づらいなーとか、ちょっと条件悪いと画質が劣化するな~なんて面が改善されています。

あとは、安いpocket2やgoproとの比較ですが、予算があるならpocket3が最も満足感が高いでしょう。

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

アプリ・ソフト・SNS お得な生活術

2024/2/22

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

今やブログもインスタもステマだらけです。簡単に見破る方法があるので、ブロガーの観点からお話しします。 ステマの見破り方 ブログやネット検索はステマだらけ。見破り方 まず、ネットに散乱するお手本のようなステマは以下です。 ②③はぱっと見分かりますが、①は何か。 例を出すと、美容クリニックの広告です。試しに”湘南美容クリニック 脱毛 おすすめ”とか調べると分かります。 なぜか湘南以外の内科とかが検索上位に上がってきます。これは全然関係ないクリニックのお小遣い稼ぎです。 googleは権威性・専門性を重視した検 ...

続きを読む

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

PC

2024/2/3

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

コンバーチブルはクルクルするので壊れやすい印象があるかもしれません。実は使い勝手としては最高です。 コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか 一般的に2in1にはコンバーチブルというキーボード取り外し不可型と、セパレートという取り外し可能型があります。 幅広い用途を考えたらセパレートの方が便利そうに見えますが、キーボードが薄くなってしょぼいというデメリットがあります。 他にも自立して立てないので、ヒンジを広げて立たせる必要があります。これが壊れやすいし折れないか怖い。 一方、コンバーチブルは通 ...

続きを読む

pixivでai生成多すぎ話あるが僕は助かる。Aiイラストの流れとPCの選び方

PC

2024/2/1

aiイラストはうざいとかひどい説あるが非絵師は助かる。生成の流れとPC選び

aiイラストのせいでイラストレーターは阿鼻叫喚。一方、僕みたいな非絵師勢は結構助かってます。ai生成の大まかな流れと問題、AIイラストに必要なPCをご紹介します。 この記事の結論 非イラストレーター的には大歓迎。1日も学べば絵が描ける まず、僕は絵が描けません。そんな僕からすると、絵が生成できるというのは非常に助かります。仕事で一部イラストが必要になるのですが、絵師に頼むのは非常に億劫です。 金がかかる、納期がかかる、連絡の手間、税金申告などなど、面倒な問題が色々あります。ごく一部ですが、納期を守らない絵 ...

続きを読む

心温まる映画のアマゾンプライム選思いっきり泣ける映画のおすすめ

映画・ドラマ・アニメおすすめ

2024/1/28

心温まる映画のアマゾンプライム選。思いっきり泣ける映画のおすすめ

心温まる映画や思いっきり泣ける映画のおすすめをご紹介します。アマゾンプライムで見れるやつから選出してます。 山の郵便配達 ある日、中国の山岳地域に手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決め、後を継ぐ息子へと仕事を託します。 息子は仕事を教わるため、父と一緒に配達をするのですが、道中で山の人々と交流を深め、すでに時代遅れとなった山の配達人の仕事を知っていくのです。 2000年代の中国の映画なんですが、見た目古臭いと思うでしょう。しかしかなり絶賛された雰囲気映画です。 徒歩で出紙を配達する、という山の配達 ...

続きを読む

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

カメラ

2024/1/28

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。 osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。 僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。 発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分 ...

続きを読む

-カメラ