DeathAdder V3 ProはVALORANTプロゲーマー必須マウス。レビューと比較

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC周辺機器

デスアダーV3 ProはVALORANTプロゲーマー必須マウス。レビューと比較

Razer DeathAdder V3 Pro(デスアダーv3 pro)のレビューをします。近年ではVALORANTプロゲーマー愛用のゲーミングマウスでもあり、重さ・大きさ・形状と素晴らしい使い勝手です。

この記事の結論

  • 軽さ特化型ゲーミングマウスの中では大きめ
  • 対抗はLogicool GPRO X Superlight。つまみ持ちならこっち
  • 手が大きい、FPS特化、ヘビーゲーマーなら、デスアダー V3 Proがおすすめ

デスアダーV3 ProはVALORANTプロゲーマー必須マウス。レビューと比較

驚異の軽さ

デスアダー v3 Proは最も軽いマウスの一つで、驚異の65gです。

FPSをするなら軽ければ軽いほど手の疲れはないので、ヘビーにプレイする人はおすすめです。

ただし軽いマウスというのは理論値は高い一方で繊細な動きが求められるので、その点は注意です。

サイズ大きめ

サイズ 幅68×高さ44×奥行き128mm

他の最軽量マウスと比較すると比較的大きめで、お尻に向かって盛り上がっています。

なので、手の大きい人向け、もしくは被せ持ち向けというマウスです。

精密な動き

30K DPIと750 IPSというオーバースペック気味のセンサーを搭載しています。

一般的にDPIは1600くらいまであれば十分ですが、DPIが高いことによって、Razer独自のインテリジェント機能に生かされています。

インテリジェント機能は何かですが、それぞれ非対称カットオフ、スマートトラッキング、モーションシンクという機能が搭載されています。

非対称カットオフの有効化により、プレイスタイルに合わせてリフトオフディスタンスとランディングディスタンスを個別に設定できる

マウスパッドを変えても一貫したリフトオフディスタンスを維持でき、優れた制御性と精度が得られる

モーションシンクにより、PC が情報を取得するのと同じ間隔で信号を同期。マウス位置の最新情報を取得して一貫したトラッキングを可能

ボタンは最小限

ボタンは左側面の二つしかついていません。超軽量マウスにありがちな必要最低限です。

難点というか、一つ困った点なんですが、裏面に電源とDPI切り替えの統一ボタンがあります。

ゲームが終わって電源切りたいとき、「これ電源切れてんのか?」と直感的に分かりづらいです。

また、充電も同じことで、今どのくらいされているか分かりづらいです。

マウスによっては3点リーダーみたいなゲージで今どのくらい充電されているかが分かったりするものですが、デスアダーは全然分かりません。

スペック

最大加速度 (G)70
RGBなし
最大感度 (DPI)30000
概算重量63g ~ 64g
バッテリー最大 90 時間
IPS750
スイッチの9,000 万回
プログラム可ボタン5
プロファイル1
接続仕様有線 USB Type-C
サイズ長さ: 128.0 mm幅: 68.0 mm高さ: 44.0 mm
スイッチ第 3 世代オプティカルマウススイッチ
センサーFocus Pro 30K オプティカルセンサー
ドック対応なし
マウスソール100% PTFE

Razer Death Adder V3 ProとLogicool GPRO X Superlight 比較

Logicool GPRO X Superlight

仕様

  • 高さ: 125.0mm
  • : 63.5mm
  • 奥行き: 40.0mm
  • 重量: 63g

トラッキング

  • センサー: HERO
  • 解像度: 100~25,600dpi
  • 最大加速: 40 G 
  • 最大速度: 400 IPS

感度

  • USBレポートレート: 1ms(1000Hz)
  • マイクロプロセッサ: 32ビットARM

バッテリー 70時間

保証 2年間無償保証

大きな違いはサイズ感です。

SUPERLIGHT  W63.5 x L125 x H40mm

DeathAdder V3 W68 × L128 × H44mm

デスアダーの方が全方向に大きく、Razerのマウスらしくお尻に向かってもっこりしています。

手が大きくて被せ持ちする僕としては圧倒的にデスアダーの方が持ちやすいです。

Superlightはつまみ持ちしたり、手が小さい人、または女性等が使いやすいと思います。

Razer Deathadder v3 ProはValorantプロゲーマー愛用のゲーミングマウス

https://www.valorant4jp.com/2023/04/valorantlogicoolzowierazer.html
  • 1位 - Logicool G PRO X SUPERLIGHT
  • 2位 - Razer DeathAdder V3 Pro
  • 3位 - Logicool G PRO Wireless

2023年のデータでは1位はSuperlight、次点でデスアダー v3 Proです。

近年ではValorantプロゲーマーがデスアダーで猛威を振るったこともあります。

(ちなみにLogitechはLogicoolのことです)

手が大きいFPS特化のヘビーゲーマーはおすすめ

結論、おすすめするのは以下の人。

  • 手が大きい
  • 被せ持ち
  • LogicoolよりRazer派
  • FPS特化の使い方

個人的にはLogicoolのマウスよりも持ちやすく、非常におすすめできるゲーミングマウスと言えます。

動画解説(聞き流し用)

Razer Basilisk V3 Pro Whiteレビュー&utlimateとの違いや比較 ~これぞ野郎向けゲーミングマウス~

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

アプリ・ソフト・SNS お得な生活術

2024/2/22

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

今やブログもインスタもステマだらけです。簡単に見破る方法があるので、ブロガーの観点からお話しします。 ステマの見破り方 ブログやネット検索はステマだらけ。見破り方 まず、ネットに散乱するお手本のようなステマは以下です。 ②③はぱっと見分かりますが、①は何か。 例を出すと、美容クリニックの広告です。試しに”湘南美容クリニック 脱毛 おすすめ”とか調べると分かります。 なぜか湘南以外の内科とかが検索上位に上がってきます。これは全然関係ないクリニックのお小遣い稼ぎです。 googleは権威性・専門性を重視した検 ...

続きを読む

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

PC

2024/2/3

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

コンバーチブルはクルクルするので壊れやすい印象があるかもしれません。実は使い勝手としては最高です。 コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか 一般的に2in1にはコンバーチブルというキーボード取り外し不可型と、セパレートという取り外し可能型があります。 幅広い用途を考えたらセパレートの方が便利そうに見えますが、キーボードが薄くなってしょぼいというデメリットがあります。 他にも自立して立てないので、ヒンジを広げて立たせる必要があります。これが壊れやすいし折れないか怖い。 一方、コンバーチブルは通 ...

続きを読む

pixivでai生成多すぎ話あるが僕は助かる。Aiイラストの流れとPCの選び方

PC

2024/2/1

aiイラストはうざいとかひどい説あるが非絵師は助かる。生成の流れとPC選び

aiイラストのせいでイラストレーターは阿鼻叫喚。一方、僕みたいな非絵師勢は結構助かってます。ai生成の大まかな流れと問題、AIイラストに必要なPCをご紹介します。 この記事の結論 非イラストレーター的には大歓迎。1日も学べば絵が描ける まず、僕は絵が描けません。そんな僕からすると、絵が生成できるというのは非常に助かります。仕事で一部イラストが必要になるのですが、絵師に頼むのは非常に億劫です。 金がかかる、納期がかかる、連絡の手間、税金申告などなど、面倒な問題が色々あります。ごく一部ですが、納期を守らない絵 ...

続きを読む

心温まる映画のアマゾンプライム選思いっきり泣ける映画のおすすめ

映画・ドラマ・アニメおすすめ

2024/1/28

心温まる映画のアマゾンプライム選。思いっきり泣ける映画のおすすめ

心温まる映画や思いっきり泣ける映画のおすすめをご紹介します。アマゾンプライムで見れるやつから選出してます。 山の郵便配達 ある日、中国の山岳地域に手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決め、後を継ぐ息子へと仕事を託します。 息子は仕事を教わるため、父と一緒に配達をするのですが、道中で山の人々と交流を深め、すでに時代遅れとなった山の配達人の仕事を知っていくのです。 2000年代の中国の映画なんですが、見た目古臭いと思うでしょう。しかしかなり絶賛された雰囲気映画です。 徒歩で出紙を配達する、という山の配達 ...

続きを読む

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

カメラ

2024/1/28

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。 osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。 僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。 発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分 ...

続きを読む

-PC周辺機器
-,