グラボ・マザボメーカー故障率。買ってはいけないグラボ&マザボメーカーは?

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

グラボ・マザボメーカー故障率。買ってはいけないグラボ&マザボメーカーは?

グラボ・マザボのメーカー別故障率のデータが最近でました。買ってはいけないグラフィックボードメーカー・マザーボードメーカーの参考になります。

グラボ・マザボメーカー故障率。買ってはいけないグラボ&マザボメーカーは?

グラボのメーカー別故障率(返品保証率)

スイスの大手小売店のデータ

こちらはスイスの大手小売店が公開したデータです。Gainward 0.4%、Palit 0.7%、Pny 0.8%、Inno3D 0.9%…と続きます。

あくまでデータはデータです。一部の国の一部の小売店では「ああこんな感じなんだな」くらいにとどめてください。とはいえ、RMA率のデータって少ないので貴重ではあります。

グラボメーカー 保証統計 23/08時点

出典 Digitec

(太字は日本で個人向け発売があるメーカー) (EVGAは販売終了) (KFA2は現在のGalax)

過去2年間のデータであり、少なくとも300枚以上のグラフィックカードをサンプルとしているようです。

聞きなれないと思いますが、KFA2は玄人志向のOEM元もしていたと噂されるGalaxyと統合して現在のGalaxになりました。Galaxは玄人志向とGarakuroというブランド立てているので、分類としては玄人志向?って感じです。(まあGalaxyも大元はPalitらしいので人類みな兄弟みたいなもん)

意外だったのが、廉価メーカーであるGainwardやPalitが低かったことです。また、最近日本にやってきたPNY、高品質を謡うグラボメーカーであるELSAのOEM元であるInno3Dも低い部類に入ります。

一方で、GigabyteやASRockが高かったことも予想外です。

ASUSは価格が高い部類に入りますが、保証統計的には真ん中でちょっと微妙といったところでしょう。100台買えば1,2台は故障を抱えているわけですから。

グラボメーカー 保証統計 23/01時点

出典 Digitec

(太字は日本で個人向け発売があるメーカー) (EVGAは販売終了) (KFA2は現在のGalax)

こちらは半年前に行われたデータです。

着目すべきはASRock。半年後には2%以上だった保証割合は、この時点では0.3%と非常に低いです。

この間に発売されたモデルが悪かったという話なのか、データ上の差異なのかは分かりません。

ASRock以外のメーカーはほぼ一定の数値です。

大きく離れていないということは、データの信用性が結構高いのでは?と思える要素です。

ここだけ見ると不具合に当たりづらいメーカーはPalit、Gainward、PNY、Inno3Dあたりということになります。

ただし、PNYはプロ用グラフィックカードが市場の主体であるため、不具合が少ないのだと考えられています。もちろんサンプルにどのカードが使われてたか分からないので、何とも言えません。

一方で、Sapphireは安いなりというか、比較的高いということになります。

ASUSは価格を考えると「うーん」という感じ。

Gigabyteに至っては「えーマジか」という感じです。

2%はさすがに高いです。100台買ってハズレ引くか、50台買ってハズレ引くかの違いは結構大きいはずです。

出典 Digitec

ついでですが、返品時、サポートセンター到着からユーザーに届くまでの期間のデータもあります。

面白いデータですが、スイス国内に限ったことなので、話のタネくらいに見てみてください。

ドイツの大手小売店のデータ

データが一つだけだと良く分からないと思うので、別口のデータもあります。ドイツ小売店のRMA率です。

といっても、ちょっと内容が古いので、こちらも参考程度に見ておいてください。

出典 Mindfactory

まずNvidiaのデータです。基本ドイツにないメーカーはないと思ってください。

ここだけ見ると、Palitの数値が最も高いです。一方でスイスのデータで低かったGigabyteは最小値です。

唯一どちらも低い値なのがPNYです。

出典 Mindfactory

次にAMDです。

こちらはASRockとMSIが最小値。PowerColorが最大で、なんと6%です。

スイスのデータでは最も高い数値を記録していたSapphireはこちらではなんと最小値の2%

こうやってみると、なんだかよく分からなくなってきます。

NVIDIA (RMA %)

ベンダー出荷RMA #RMA %
Gainward40501073
Gigabyte168703492
KFA2200403742
MSI286805702
Palit40101664
PNY46082
Zotac2170342
Total:7628016072

AMD Radeon 5000 Series (RMA %)

ベンダー出荷RMA #RMA %
ASRock2520482
Gigabyte59901763
MSI72801452
PowerColor118706636
Sapphire137003212
XFX2740984
Total:4410014523

もちろん、メーカーの規模も違うので、各々出荷台数は違います。

多ければ多いほどデータも正確になっていくもので、優秀そうに見えたPNYはサンプルの数が圧倒的に少ないです。3万台近くサンプルが存在するMSIと比べると、やはりデータの正確さが劣るのは間違いありません。

これはスイスの小売店のデータもしかりです。大手メーカーと廉価メーカーではサンプルに差があります。

大手メーカーになるほど出荷台数も増え、正確なデータになるはずです。

フィリピンの小売店のデータ

メーカー販売数RMARMA(%)
Gigabyte14175.0%
MSI12921.5%
出典 Hardware Suger

こちらは2023/01時にはじき出された4年にわたるデータです。

上記2つと比べると非常に小さい規模ですが、そのへんにあるお店が算出したデータって結構興味深いものがあります。

メーカーはGigabyteとMSIしかありませんが、ここでもGigabyteは高い数値になっています。というか、150台近くのうち7台も不具合があってって、さすがに多すぎ…という印象を受けるかもしれません。

もちろんサンプル数が少ないので、たまたまという可能性もあるんですけどね。

余談ですが僕は以前フィリピンに住んでたことがありまして、この国はamazonがありませんでした。あるのはLazadaという東南アジア向け通販サイトで、届くのに時間もかかるし保証も面倒なタイプ。高額品を買うとき通販は避けて店舗に行く傾向があります。

(amazonに全振りできる日本ってなんて幸せなんでしょう)

各グラボメーカーの保証期間

返品保証率も大事ですが、保証期間はもっと大事です。

0.数%保証割合が高くても、保証期間が長ければそっちの方が実利があります。小売店が出したデータは確定事項ではありませんが、保証期間は確定的なものだからです。

メーカー期間その他電話サポート
ASUS1年
MSI1年
GIGABYTE2年 or 4年モデルによる
ZOTAC1年間×
GALAKURO GAMING
(玄人志向×GALAX)
1年 or 3年GALAKURO GAMINGは3年間
一部のGALAX、玄人志向ブランドは1年間保証
×
ELSA2年
Palit1年
GAINWARD1年×
PNY3年モデル、販売期間、代理店による×
ASRock2年
SAPPHIRE1年 or 2年モデル、販売期間による×
PowerColor1年 or 2年
2018年6月30日以降2年
それ以前→1年
モデル、販売期間による×
2022年時点。基本は代理店の保証規定に準じる

保証期間が長いのがPNYです。モデルによってはGigabyteやGALAKUROです。

Palitはメーカーの公式サイトを見ても英語の電話対応しかありませんが、ここはドスパラから買うでしょうから、そっちが対応してくれます。

数値だけを見るならPNYはどこでも優秀ですが、問い合わせ窓口はアジア圏サポートしかありません。多分日本語で送ってもなんとかなるでしょうが、人によってはちょっとヤキモキするかもしれません。

といっても、代理店のアスクに連絡しろみたいなこと言われると思うので、結局のところあまり関係ないかもしれません。ほとんどのグラボやらパーツは、代理店に電話してそこの保証規定に従うことになります。

マザボのメーカー別故障率(返品保証率)

スイスの小売店のデータ

出典 Digitec

マザーボードメーカーの返品保証率です。

予想通りというか、4大メーカーは全体的にほぼ変わりません。データ通りであれば、安心して好きなメーカーを買ってくださいと言えます。

NZXTは日本では主流ではないですが、デザイン面で尖っていてちょっと気になっていたのでデータがなくて残念です。

Biostarは格安マザボだし、むしろマシな方なんじゃないでしょうか。

Supermicroって聞きなれないメーカーだと思いますが、こちらはワークステーション向け。いわゆる法人向けです。あまり関りはないかもしれません。でも、法人向けでこの数値ってやばくないか?とは思います。

Biostarより下なのかよって感じです。

出典 Digitec

同じくサポセンに到着してから届くまでの日数です。こちらもあくまでスイスでの話なので、ネタとしてみてください。

パッと目につくのはやはりBiostar。なんと0日

「やったぜさすが俺たちのBiostar!」と言いたいところですが、修理ではなく、交換か返金対応となるためらしいです。

返金はともかく、郵送する場合に交換で0日っておかしくね?と思うのですが、多分みんな返金を選ぶってことなんでしょうか。もしくは店舗交換とか。そっちのが早いし。

最低値なのがASRockで、平均13日かかるようです。

フィリピンの小売店のデータ

メーカー販売台数RMARMA(%)
MSI470102.4%
Gigabyte38871.8%
出典 Hardware Suger

先ほどのフィリピン小売店のマザボメーカーごとのデータです。まあ似たようなものです。

後述しますが、この方たちは他パーツの返品保証率も出してくれてます。

各マザボメーカーの保証期間

メーカー保証期間電話対応
ASUS1年
ASRock1~2年
MSI2年
Gigabyte1~2年
Biostar1年 (製品登録で4年延長可)×
2023年時点。基本は代理店の保証規定に準じる

NZXTにおいては、各代理店に問い合わせろという形です。なので、購入したショップにより異なります。

4大メーカーは電話対応有、格安メーカーのBiostarはメール対応のみのようです。ただし、期限内に製品登録すると5年まで保証が延びます。

電源・CPUクーラー・メモリのメーカー別故障率(返品保証率)

電源ユニット RMA率:

メーカー販売台数RMARMA(%)
Corsair45110.22%
DeepCool4600%
Cooler Master15732.0%
Seasonic644121.8%

CPUクーラー RMA率:

メーカー販売台数RMARMA(%)
NZXT15464.0%
Corsair4200%
DeepCool14900%

メモリ RMA率:

メーカー販売台数RMARMA(%)
G.Skill60140.66%
TeamGroup17911.0%

(出典 Hardware Suger)

サンプル数が圧倒的に少ないので、こちらもネタとして見てください。

まず電源ですが、Seasonicは日本ではオウルテックの名前で販売されることもあります。というか、オウルテックの方が日本には馴染みのある名前でしょう。

CorsairとDeepCoolはほとんど不具合が検出されず。特にCorsairは500個近くもサンプルがありながら、わずかに1つ検出されただけ。普通にすごいですね。

それからCPUクーラーですが、やはりDeepCool強しという感じ。NZXTはたった150台ほどのサンプルから6台も検出されたようです。

メモリに関しては元々不具合とか故障とか起きづらいものなので、「ま、どれでもいっか」という感じです。

基本はRMA率見るより保証期間見た方がいい。RMAは参考程度

当たり前ですが、RMA率は完全ではありません。

たまたま不具合品が寄っていた可能性も捨てきれませんし、メーカーによってサンプル数が違います。

実用性の面では低いと言わざるを得ません。

ただ見ていて結構楽しいし、話のネタにもなるので、おさえておいて損はないです。

実利を取りたい人は、むしろ保証期間を見た方が良いです。次にサポート体制。公式サイトの問い合わせページを開けば大体分かります。

電話対応はあるか、日本専用の窓口はあるか、サイトが中国語フォントの日本語になっていないかとか見とけば、どういう対応をされるか予想がつくでしょう。

心配ならASUSとか大手メーカーを買っとけば大丈夫ですし、価格を優先したいなら廉価メーカーを買っても問題ありません。

動画解説(聞き流し用)

グラボ・マザボメーカー故障率。買ってはいけないグラボ&マザボメーカーは?

ガジェット

2024/5/22

Google Pixel8aを端末のみ購入の最安で安く買う方法

Pixel8aが発売しました。端末のみで安く買うにはどこが良いか。今のところアマゾンで買うのが一番良さそうです。一応冒険するなら楽天もありますが、詳しい説明をします。 Pixel 8a端末のみ最安価格 (SIMフリー) amazon 楽天市場 yahoo 公式 72,600円 68,980円 66,321円 72,600円 2024/05/22時点 まずSimフリー系ですが、基本は通販系のサイトを利用すると思います。 楽天やYahooは安い上、ポイントがつきます。多分何もしてなくても楽天の会員だったり楽天 ...

続きを読む

iPad Pro 2024 M4レビューM3MacやiPhoneとベンチ比較

スマホ

2024/6/1

iPad Pro2024 M4レビュー。M3 MacやiPhoneとベンチ比較

新型ipad発売しました。薄型軽量好きにはたまらないガジェットです。 ですがM4はどれほどすごいのか、M3 MacbookやiPhoneなどとも比較検証してみました。 超薄い!超軽い!外観は素晴らしい 今回のiPadで最も注目されているのが軽さと薄さです。 小銭5~6枚くらい手に取ってみてください。そのくらいの薄さです。マジで薄い。 手に持っても、13インチの大型タブレットを持っている感覚がなく、その辺の板切れを持っているような感覚(誉め言葉)。 13インチ系iPadのサイズ (Wifiモデル) M4 P ...

続きを読む

スマホ

2024/5/22

Pixel8aレビュー。7aスペック比較やantutuベンチ検証。順当進化だが…

コスパ最強7aの後継8aですが順当進化です。一方、進化点は微妙で7aでも良くね?となります。現在価格差は2万ほど。ベンチマーク計測やスペック比較したのを参考にしてください。 この記事の結論 Pixel aシリーズの選び方 Pixel8a 購入ページ (au online shop) Pixel8aレビュー。7a比較で何が向上したのか Tensor G2からG3へ Geekbench 5.5 シングル マルチ Apple A17 Pro 2138 5305 Snapdragon 8 Gen 3for Gal ...

続きを読む

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

国内旅行

2024/6/15

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

広島はアクセスも良くて、車なしで観光地を巡りやすいです。広島-岡山間でおすすめの場所や回り方をご紹介します。 今回行った観光地と現地の写真 尾道駅周辺のホテルを探す (楽天トラベル) 大久野島 広島観光でおすすめなのが、まず大久野島です。 ここは元毒ガス製造所だった場所ですが、今ではウサギが大量に繁殖し、ウサギ島と呼ばれています。 ここは尾道から広島駅方面へ行く途中、三原駅で降り、フェリーに乗ると行けます。 なんか見るからにホラーっぽいところですが、現地に行くと全くそんなことありません。 ここのウサギたち ...

続きを読む

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

スマホ

2024/5/21

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

GalaxyについにSimフリー版がでました。これぞ最強スマホ。正直他のAndroidは太刀打ちできません。比べる相手と言えば、iPhone15proくらいでしょう。 Galaxy S24レビュー まず、S24は10万円以上が予算ならほぼ9割の人が買うべきスマホと言えます。 処理速度は最高、軽い、カメラそこそこ、防水防塵、価格◎、といった感じ。 他のスマホはAIとかカメラの新機能とかで独自性を出そうとしてます。はっきり言って不要。 軽い・処理が早い・値段それなりのスマホこそ、多数派に求められているものです ...

続きを読む

-PC