G913TKL タクタイルとリニアどっち?

PC・周辺機器

G913TKLレビュー タクタイルとリニアどっち 最高のロジクール品

先日3万円もするロジクールのG913TKLを買いました。

薄型で無線。しかもタクタイルの打鍵感が好みだったからです。

リニアやクリッキーも良かったですが、結果的に茶軸。

静音性と押した感の両立で一番バランスが良かったのです。

G913TKLレビュー タクタイルとリニアどっち 最高のロジクール品

スペック

対応OSWindows 7.0~、Mac OS 10.11~
インターフェースmicro USB、LIGHTSPEED、Bluetooth 5.0
アクチュエーションポイント1.5mm
キーストローク2.7mm
押下圧50g
角度調節機能4度 8度
サイズ:
幅×奥行×高さ
キーボード:47.5 x 14.95 x 2.2cm
レシーバー:2.23 x 1.53 x 0.62cm
ケーブル長1.8m
重量キーボード:1,025g レシーバー:2.1g

これがG913TKLの外観だ!

G913TKL外箱

開封した時の画像です。

感動をお届けするため、複数枚の写真でご覧ください。

G913TKL

中を開けるとかなり高級感のあるボディになっています

白は汚れが目立つらしいので黒にしました。

個人的には白の方がもっとかっこ良いと思ったんですけどね。

でも開封した瞬間に黒もカッコいいじゃん!ってなりました。

袋に包まれた状態でもう高級感が漂います。

「あ、当たりを引いたかな」って直感が働きました。

G913TKL2

袋を取ると、より精錬された作りなのが分かります。

パッと見だと非常の硬質な印象を受けますね。

真っ黒なんですが、変な黒光りもないです。

シックなデザイン。

G913TKL LEDライト

キーの配列は全く癖がなく非常に押しやすいです。

アルミ二ウムとマグネシウム合金が使用され、トップのつや消しが施されているとか。

G913TKL bluetoothボタン他

特殊キーは左上から、LIGHTSPEED、Bluetooth、ゲームモード、バックライトの明るさ調整。

必要充分といったところでしょうか。

G913TKL 音声ボリュームコントロール他

右上は再生や停止、消音、さらに一番右端には音量の調整になるコロコロがあります。

これを手前や奥にコロコロすると音が調節できます。

すごく便利だし、ちょっと楽しいです笑

タクタイルかリニアどっちかならタクタイルがおすすめ

押した感覚ではゲーミングにあるメカニカル方式のカタカタスコスコという感覚が主です。

G913はタクタイルの割にかなり静音性が高いので、打鍵感と静音性がマッチした一番バランスの良いモデルです。

なので個人的に本製品ではタクタイル推し。

ただ、押して離す瞬間、メンブレン的なブニュブニュした安いキーボードの感覚が少し残ります。

リニアは静音すぎて押している感がないです。正直ゲーム用途に向きません。

例外として、本当にゲームにしか使わないなら、確固たる打鍵感のクリッキーという選択肢もあります。

ぶっちゃけ叩いてて一番爽快なのがクリッキーですが、ゲーム以外ではうるさいと感じるでしょう。

打鍵感は個人によるところも大きいので、やはり実際に触ってみる必要があると思います。

薄型のメリットが大きい

薄型の利点① 誤タッチと手首疲れの解消

今回最も欲しかった機能は無線の次に薄型。

ゲーミングキーボードでは押した感を重視する傾向にあるせいか、

キーの位置が高いものばかり。

おかげで誤タッチが非常に多く、ゲーム以外の業務等の用途では別のキーボードを使う羽目に。

比較すると、左がG913、右がRazer ゲーミングキーボード Huntsman Tournament Edition JP。

Razerの中でも1万ちょっとで買える人気商品です。

比べると手の位置に気づくでしょうか。

キーが高いと、明らかに手首に負担がかかります。

また、気を抜いていると親指がスペースキーを押し込んでしまうんです。

さらにキー同士が凹凸が激しく、誤入力を誘発します。

手の大きい人、指の太い人だとなおさらだと思います。

ゲーミングだから押した感が欲しい、キーは高く押し込める方が良いという人は、店頭で薄型のキーボードを実際に押してみることをおすすめします。

正直薄型でも押した感触はちゃんと残りますし、誤タッチが防げる分むしろいんじゃね?くらいな感じです。

高さも割と自由に調整が効き、0度、4度、8度の3パターンです。

僕は基本8度で使っています。

それでもかなり平らな印象。

人によって、もっと平坦さを求めるなら4度でもいいかなって感じです。

薄型の利点② 掃除がめっちゃ楽

Huntsman Tournament Edition JP
(前まで使用していたRazer ゲーミングキーボード Huntsman Tournament Edition JP)

さらにキーが高いと掃除のデメリットもあります。

キーボードは放置すると上の写真のように埃にまみれます。

Huntsman Tournament Edition JP2

キーが高いと、基本掃除はしづらいです。

分解とか面倒だし、なるべく気軽に掃除する方向で片づけたいです。

G913 TKL 掃除
(G913 TKL)

当たり前の話なんですが、キーが高いと綿棒などで角度をつけたとき、他のキーが邪魔してきます。

これが掃除の時のストレスでした。

Huntsman Tournament Edition JP 掃除
(Huntsman Tournament Edition JP)

エアダスターだけだと掃除しきれないので、どうしても擦る必要性が出てきます。

その点、薄型のG913は超掃除が楽になりました。

見て分かる通り、左のG913の方が、ある程度角度をつけて奥の方を拭き取ろうとしても全然干渉しません。

高級品ですから、掃除がしやすいのって実は利点です。

誤タッチ防止と掃除のしやすさ。

これが今回薄型を求めた理由でした。

結果このG913は大当たりの出来でした。

いくつかの懸念点はあった

懸念点の解消① Gキーがない

G813
(G813)

テンキーって数字が押しやすいとかいうけど、正直いらないですよね。

個人的にはこの部分が省略されると机のスペースに余裕が出るのでうれしい限りです。

G913TKL外観
(G913TKL)

今までロジクールはGキーのショートカットが売りな部分もありました。が、全てなくなっています。

利便性に欠けると思ったのですが全く問題はありませんでした。

むしろ、机周りがすっきりとしています。

G813などでは音声系のボタンはテンキーの上にあったのですが、今回はF8~12の上に置いたことで見事スリム化を果たしています。

懸念点の解消② 無線による遅延→実は心配無用

LIGHTSPEEDイメージ画像

LIGHTSPEED対応の恩恵か、無線でも全く遅延がありません。

プロ競技界レベルになるとどうかは分かりませんが、少なくとも個人が遊びでFPSをやる分には十分使えるレベルでした。

Bluetoothの方は当然ながら若干の遅れがあるかなー?くらいの感触はあります。

ただ、基本はUSBで使えば問題ありません。

Bluetoothは機器を切り替える時にだけ使えばいいと思うので、特にゲーミングで使用する必要性はありません。

あくまで切り替えよう用と考えましょう。

【結論】やっぱおすすめのキーボードG913 TKL 選ぶならタクタイル

総評すると3万円の価値が非常にあったキーボードだと思います。

消耗品であるキーボードにどこまでお金をかけるかは人それぞれですが、買うか買わないかは以下のようにまとめられます。

こんな人におすすめ

・業務&ゲームどちらも一つのキーボードでやる!

・薄型無線の利便性を追求したい!

・bluetoothで機器の切り替えを多用する

・持ち運びをする必要がある

売りである薄型無線はなくてもいい、という場合は、それほどG913の必要性がないかもしれません。

逆に言えば、メインキーボードとして多用するなら、薄型・bluetooth切り替え・メカニカル・癖のないキー配列・無線・テンキーレスと、今キーボード市場に求められる全てをぶちこんだG913TKLを最初から買った方が、今後無駄な買い物をしなくて済むかもしれませんね。

youtube1か月は伸びない?始めて1ヶ月で登録者100人超えたら1000人登録へ

ブログ・Youtube

2023/3/21

youtube1か月は伸びない?始めて1ヶ月登録者100人超えたら

ブログが1年と月10万PVを迎えた境に、youtubeも始めました。壁と言われるチャンネル登録100人を超えたので、期間や方法、視聴者層の割合などを共有します。 2023/02/25~03/21 視聴回数 クリック率 総視聴時間 動画数 登録者 2.4万 4.5% 1666.8時間 4 122 youtube1か月で思ったこと 視聴者層は30代~50代が80%、特に40代くらいが多いです。また、90%近く男性です。 この辺は一番お金を使う層になるので、的確にマーケティングできているようです。 youtub ...

続きを読む

ウイダーinバープロテインで買ってはいけない物

生活用品

2023/3/17

ウイダーinバープロテインで買ってはいけない物 ~太るやつは選ぶな~

ダイエットに欠かせないのがプロテイン。またどこでもとれるのがプロテインバーです。有名なのがウイダーinバープロテインですが買ってはいけない物ばかりです。太るやつを選んではいけません。筋トレやダイエットのマイナスになります。 この記事の結論 inバー プロテイン グラノーラ (14本入×1箱) プロテインバー フルーツの入ったザクザク食感グラノーラ 高タンパク10g 低脂肪 植物性プロテイン 鉄分 プロテインの働き強めるEルチン配合 森永製菓 inバー ¥2,182 (2023/03/19 04:38時点 ...

続きを読む

ryzen7000シリーズ性能とインテル13世代比較。やめとけ話は昔の事

PC・周辺機器

2023/3/19

ryzen7000シリーズ性能とインテル13世代比較。やめとけ話は昔の事

ryzen7000シリーズがインテル13世代とかなり良い勝負をしています。かつてのryzenやめとけ話は今は昔となりました。今回は7000シリーズを5000、さらにインテル13世代と比較していきます。 この記事の結論 【Amazon.co.jp限定】 AMD Ryzen 7 7700X, without cooler 4.5GHz 8コア / 16スレッド 40MB 105W 正規代理店品 100-100000591WOF/EW-1Y AMD ¥50,303 (2023/03/16 03:23時点 | A ...

続きを読む

intel13世代12世代CPU性能比較 スルーで14世代待つべき人は?

PC・周辺機器

2023/3/17

intel13世代12世代CPU性能比較。スルーで14世代待つべき?

intel第13世代CPUは性能だけでなく、円安で価格も大幅に上がりました。第12世代と比較して迷うところではあります。どちらを買うべきか比較してみたいと思います。 この記事の結論 インテル INTEL CPU RPL-S CoreI7-13700F 16/24 5.20GHz 6xx/7xxChipset グラフィック機能なし 国内正規代理店品 インテル ¥51,848 (2023/03/16 23:16時点 | Amazon調べ) Amazonで探す 楽天市場で探す Yahooショッピングで探す ポチ ...

続きを読む

削除: アマゾンプライム星5級&星4以上のアニメ名作 大人におすすめ一覧

映画紹介

2023/3/7

アマゾンプライム星5級&星4以上のアニメ名作 大人向けおすすめ一覧

アマゾンプライムのおすすめ星5&星4クラスのアニメ名作をご紹介します。今回は特に大人向けで感動&爆笑アニメを一覧にしました。 アマゾンプライム星5級&星4以上のアニメ名作 大人におすすめ一覧 プラネテス 最高のSFアニメで、僕が最も好きなアニメです。 主人公のハチマキはデブリ屋と呼ばれる宇宙のゴミを回収する作業員でした。 宇宙では船の残骸などが旅客に当たると大事故になるため、非常に重要な仕事です。 一方で、世間の裏方かつ格下的な仕事として扱われていました。 ハチマキは宇宙船を買うことを夢に見つつも、一介の ...

続きを読む

-PC・周辺機器
-,