amdとintelどっちがいいノートパソコン?ryzenノートcpu比較

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

ryzen7000シリーズ ノートCPU性能比較と選び方・ベンチマーク

amdとintelならノートパソコン選びでどっちがいいCPUなのか性能比較します。スペック表もryzen独自でややこしいので解説。また、大学生・ビジネス・ゲーム用途のおすすめも紹介します。

この記事の結論

  • ゲーム・クリエイター要素はH、それ以外の10万以下ならUのPCを買う
  • AMDのスペックはマジ見づらい。アーキテクチャが複雑
  • AMDの廉価モデルは安くてコスパ良い
    INTELはシングル性能が高くゲーム向き

ryzenノートcpu性能比較の見方

公式で分かりやすい表があったので、それに沿って説明します。

例 7640Uだったら…

7xxx → 発売年。(今まで同年に2シリーズ出てたりしましたけど)

x6xx → Ryzen3~9。IntelのCore iいくつに相当

xx4x → CPU世代(アーキテクチャ) 結構重要

xxx0 or xxx5 → 上位・下位モデルか

語尾 → TDP(最大消費電力の目安)

例に挙げた7640Uだと、"2023年発売のRyzen5の第4世代下位版で15-28WくらいのCPU"と言い換えられるのです。

xx4x部分のアーキテクチャはzen3とかzen4とかって言い方をします。結構重要です。

でも、ややこしい部分なので後述します。とりあえずベンチマーク表を見てください。

ryzenノートcpu性能比較

Ryzen7000シリーズ

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html

まず、最新世代の7000シリーズです。

7945HXと7845HXはぶち抜けてます。30~40万クラスのノートに積まれているので、無視してよいです。

7735HSで15万~20万クラス。これもゲーミング用途以外では見る必要ありません。

一般層としては7735U~7320Uあたりが10万円そこそこか、10万以下のモデルなので、このへんを見ましょう。

つまり、語尾のアルファベットは、"HかHSはゲーミング用途"、"一般的な事務作業ならUで良い"という簡易的な見方もできます。

CPUCPUコア/スレッド(最大)メモリ
7045HXZen 416コア/32スレッドDDR5
7040HS/UZen 48コア/16スレッドDDR5/LPDDR5
7035HS/UZen 3+8コア/16スレッドDDR5/LPDDR5
7030UZen 38コア/16スレッドDDR4/LPDDR4
7020UZen 24コア/8スレッドLPDDR5

Ryzen6000シリーズ

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html

6000シリーズは供給が少ないので、正直そこまで熱心に見なくてもいいです。

実際、価格.comでも6000番台の扱いは極端に少ないです。

正直6000シリーズって全然見ません。

内蔵GPUが強化されたもののモデルが少なかったので、6000は微妙な扱いを受けています。

Ryzen5000シリーズ

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html

5000シリーズは廉価なノートPCに未だに積まれています。

安いものなら5~6万円台とかで、とにかく安いPCが欲しい人のチョイス先となっています。

ryzenは世代も見る。7735Uと7730Uには大きな壁がある

内蔵GPU比較

3D Mark Time Spy Graphics

GPUスコア搭載例
Radeon 780M2831Ryzen7840U
Radeon 680M2313Ryzen6800U
Iris Xe Graphics G7(96EU)1542Core i7 1260P
Iris Xe Graphics G7(80EU)1169Core i5 1135G7
Radeon RX Vega 81161Ryzen5700U
Radeon RX Vega 71027Ryzen5500U
https://www.notebookcheck.net/Mobile-Graphics-Cards-Benchmark-List.844.0.html

現在IntelはIrix Xeという内蔵GPUが積まれていますが、Radeon700Mや600Mシリーズ比較では太刀打ちできません。

「Radeon 680M」のゲーミング性能はGTX 1050 Ti(モバイル版)、「Radeon 780M」に至ってはGTX1650Ti並みと言われています。

ただし、この辺のクラス買うってなると10万円越え。グラボ搭載モデルが多くなるため、内蔵GPUの必要性が薄れます。

一方でRadeonの廉価モデルに積まれているVegaは性能的にパッとしません。

しかもAV1デコード不可です。

下位モデルはAV1デコード不可

https://jp.videoproc.com/edit-convert/av1-vs-hevc-h265.htm

AV1とは、最新ビデオコーデックのことです。早い話が、動画って結構重いので、コーデックによって圧縮されています。

以前はH.264(動画編集者は良く見るかも)、次にH.265、さらに先にある圧縮率が高いのがAV1です。

amazonやgoogle、アップルやNetflixなど、超大物企業はみなAV1に置き換えています。

これに対応していると、以前よりもっと高速かつ高画質に動画が楽しめるよねって話。

一方、対応していないとCPU処理になるので負荷もかかるし、なにより遅いです。

じゃあどれがAV1に対応してるのって話ですが、ここで最初に出たアーキテクチャです。

"XX30"か、"XX35"かで値段が跳ね上がります。

例に出すと、Ryzen7 7735Uと、Ryzen 7730Uは全く別物ということです。

AMDのCPUスペック見づれえ。複雑なアーキテクチャの見方

訳分らんことに、7000シリーズでは複数の世代が混在することになりました。

6000番台なら全てZen3+だったのですが、7000はzen2-4世代がごちゃまぜ。

命名に苦労する話はIntelでもNvidiaでもありますが、今回の命名は特に最低です。

上記画像は最大コア・スレッド数やキャッシュが違うことを示しています。

で、どんな内蔵GPUを積んでいるかは世代によって異なります。

番数世代GPU
  7045Zen4Radeon 700Mシリーズ
  7040Zen4Radeon 700Mシリーズ
  7035Zen3+Radeon 600Mシリーズ
  7030Zen3Radeon RX Vega
  7020Zen2Radeon 610M

Vegaシリーズ以下は、AV1デコードに対応していません。

まともな内蔵GPUのモデルを買いたいなら、下2桁が"35"以上を買うことになります。将来性がなくても安いやつがいいなら、"30"以下。この境目で10万円超えるか超えないかが変わります。

世代別搭載例

■ZEN 4
Ryzen 7 7945HX・Ryzen 7 7845HX

■ZEN 3+
Ryzen 7 7735U・Ryzen 5 7535U

■ZEN 3
Ryzen 7 7730U・Ryzen 5 7530U・Ryzen 3 7330U

■ZEN 2
Ryzen 5 7520U・Ryzen 3 7320U

amdとintelどっちがいいノートパソコン?大学生・ビジネス・ゲーム用途別比較

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html
  • 廉価モデルは同性能ならAMDの方が安い(割と買い替える前提)
  • ゲーム(シングル)性能はIntel優勢
  • 高価格帯はGPU面でAMD有利。でもグラボ積むならいらんかも
  • コア数はIntel優勢。でもコア数ほど性能差はでない感じ

廉価モデル比較

安価なPCを買うならAMDの方が優勢です。

同性能で比較した場合、数万程度安い傾向にあります。

ただし、前述したAV1に対応していないので、将来性見越さない・そんな機能気にしないとか、そのうち買い替えるしって人向けです。

一方、デスクトップCPUと同じでIntelはシングル性能面で高い傾向があります。

また、コア数もIntelの方が多いです。ただし、Eコアでマシマシにされている面もあり、数値ほど性能差はでないでしょう。

(Eコア = 高効率コア。ざっくり言うとPコアよりも小型で、少ない消費電力で動くが、弱い)

Intelは12世代Uの場合、Pは2コア、Eが4~8コアで、見栄えほどベンチマークは伸びません。

PコアEコア
第12世代 PCore i74~68
Core i548
Core i328
第12世代 UCore i728
Core i528
Core i324

それから、高価格帯ですが、内蔵GPUの面でAMD有利があります。

高価格軽量型を求めるビジネス用途であれば良いチョイスになるでしょう。

とはいえ、この価格帯だとグラボ積んでゲーム・クリエイター要素を求める需要があるので、内蔵GPUを使わない層には大きなメリットとは言えません。

【大学生】→ AMD (予算少なめの大学生向け)

【ビジネス用途】→ AMD (軽量高価な内蔵GPU型が良い感じ)

【ゲーム用途】 → Intel (シングルコアが高く、ゲームに有利)

【省電力】AMD (インテルより省電力に長けている)

ざっくりまとめると、上記のようになります。

中間層は選択肢広いから好きなの買えって感じですね。

amazonで"AMD ノートパソコン"を検索

動画解説(聞き流し用)

ryzen7000シリーズ ノートCPU性能比較と選び方・ベンチマーク。大学生や社会人にamdとintelどっちのノートパソコンが良いか

ガジェット

2024/5/22

Google Pixel8aを端末のみ購入の最安で安く買う方法

Pixel8aが発売しました。端末のみで安く買うにはどこが良いか。今のところアマゾンで買うのが一番良さそうです。一応冒険するなら楽天もありますが、詳しい説明をします。 Pixel 8a端末のみ最安価格 (SIMフリー) amazon 楽天市場 yahoo 公式 72,600円 68,980円 66,321円 72,600円 2024/05/22時点 まずSimフリー系ですが、基本は通販系のサイトを利用すると思います。 楽天やYahooは安い上、ポイントがつきます。多分何もしてなくても楽天の会員だったり楽天 ...

続きを読む

iPad Pro 2024 M4レビューM3MacやiPhoneとベンチ比較

スマホ

2024/6/1

iPad Pro2024 M4レビュー。M3 MacやiPhoneとベンチ比較

新型ipad発売しました。薄型軽量好きにはたまらないガジェットです。 ですがM4はどれほどすごいのか、M3 MacbookやiPhoneなどとも比較検証してみました。 超薄い!超軽い!外観は素晴らしい 今回のiPadで最も注目されているのが軽さと薄さです。 小銭5~6枚くらい手に取ってみてください。そのくらいの薄さです。マジで薄い。 手に持っても、13インチの大型タブレットを持っている感覚がなく、その辺の板切れを持っているような感覚(誉め言葉)。 13インチ系iPadのサイズ (Wifiモデル) M4 P ...

続きを読む

スマホ

2024/5/22

Pixel8aレビュー。7aスペック比較やantutuベンチ検証。順当進化だが…

コスパ最強7aの後継8aですが順当進化です。一方、進化点は微妙で7aでも良くね?となります。現在価格差は2万ほど。ベンチマーク計測やスペック比較したのを参考にしてください。 この記事の結論 Pixel aシリーズの選び方 Pixel8a 購入ページ (au online shop) Pixel8aレビュー。7a比較で何が向上したのか Tensor G2からG3へ Geekbench 5.5 シングル マルチ Apple A17 Pro 2138 5305 Snapdragon 8 Gen 3for Gal ...

続きを読む

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

国内旅行

2024/6/15

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

広島はアクセスも良くて、車なしで観光地を巡りやすいです。広島-岡山間でおすすめの場所や回り方をご紹介します。 今回行った観光地と現地の写真 尾道駅周辺のホテルを探す (楽天トラベル) 大久野島 広島観光でおすすめなのが、まず大久野島です。 ここは元毒ガス製造所だった場所ですが、今ではウサギが大量に繁殖し、ウサギ島と呼ばれています。 ここは尾道から広島駅方面へ行く途中、三原駅で降り、フェリーに乗ると行けます。 なんか見るからにホラーっぽいところですが、現地に行くと全くそんなことありません。 ここのウサギたち ...

続きを読む

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

スマホ

2024/5/21

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

GalaxyについにSimフリー版がでました。これぞ最強スマホ。正直他のAndroidは太刀打ちできません。比べる相手と言えば、iPhone15proくらいでしょう。 Galaxy S24レビュー まず、S24は10万円以上が予算ならほぼ9割の人が買うべきスマホと言えます。 処理速度は最高、軽い、カメラそこそこ、防水防塵、価格◎、といった感じ。 他のスマホはAIとかカメラの新機能とかで独自性を出そうとしてます。はっきり言って不要。 軽い・処理が早い・値段それなりのスマホこそ、多数派に求められているものです ...

続きを読む

-PC