amdとintelどっちがいいノートパソコン?ryzenノートcpu比較

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

ryzenとintelどっちが良いノートパソコン?大学生や社会人用ryzenの見方

amdとintelならノートパソコン選びでどっちがいいCPUなのか性能比較します。スペック表もryzen独自でややこしいので解説。また、大学生・ビジネス・ゲーム用途のおすすめも紹介します。

この記事の結論

  • ゲーム・クリエイター要素はH、それ以外の10万以下ならUのPCを買う
  • AMDのスペックはマジ見づらい。アーキテクチャが複雑
  • AMDの廉価モデルは安くてコスパ良い
    INTELはシングル性能が高くゲーム向き

ryzenノートcpu性能比較の見方

公式で分かりやすい表があったので、それに沿って説明します。

例 7640Uだったら…

7xxx → 発売年。(今まで同年に2シリーズ出てたりしましたけど)

x6xx → Ryzen3~9。IntelのCore iいくつに相当

xx4x → CPU世代(アーキテクチャ) 結構重要

xxx0 or xxx5 → 上位・下位モデルか

語尾 → TDP(最大消費電力の目安)

例に挙げた7640Uだと、"2023年発売のRyzen5の第4世代下位版で15-28WくらいのCPU"と言い換えられるのです。

xx4x部分のアーキテクチャはzen3とかzen4とかって言い方をします。結構重要です。

でも、ややこしい部分なので後述します。とりあえずベンチマーク表を見てください。

ryzenノートcpu性能比較

Ryzen7000シリーズ

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html

まず、最新世代の7000シリーズです。

7945HXと7845HXはぶち抜けてます。30~40万クラスのノートに積まれているので、無視してよいです。

7735HSで15万~20万クラス。これもゲーミング用途以外では見る必要ありません。

一般層としては7735U~7320Uあたりが10万円そこそこか、10万以下のモデルなので、このへんを見ましょう。

つまり、語尾のアルファベットは、"HかHSはゲーミング用途"、"一般的な事務作業ならUで良い"という簡易的な見方もできます。

CPUCPUコア/スレッド(最大)メモリ
7045HXZen 416コア/32スレッドDDR5
7040HS/UZen 48コア/16スレッドDDR5/LPDDR5
7035HS/UZen 3+8コア/16スレッドDDR5/LPDDR5
7030UZen 38コア/16スレッドDDR4/LPDDR4
7020UZen 24コア/8スレッドLPDDR5

Ryzen6000シリーズ

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html

6000シリーズは供給が少ないので、正直そこまで熱心に見なくてもいいです。

実際、価格.comでも6000番台の扱いは極端に少ないです。

正直6000シリーズって全然見ません。

内蔵GPUが強化されたもののモデルが少なかったので、6000は微妙な扱いを受けています。

Ryzen5000シリーズ

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html

5000シリーズは廉価なノートPCに未だに積まれています。

安いものなら5~6万円台とかで、とにかく安いPCが欲しい人のチョイス先となっています。

ryzenは世代も見る。7735Uと7730Uには大きな壁がある

内蔵GPU比較

3D Mark Time Spy Graphics

GPUスコア搭載例
Radeon 780M2831Ryzen7840U
Radeon 680M2313Ryzen6800U
Iris Xe Graphics G7(96EU)1542Core i7 1260P
Iris Xe Graphics G7(80EU)1169Core i5 1135G7
Radeon RX Vega 81161Ryzen5700U
Radeon RX Vega 71027Ryzen5500U
https://www.notebookcheck.net/Mobile-Graphics-Cards-Benchmark-List.844.0.html

現在IntelはIrix Xeという内蔵GPUが積まれていますが、Radeon700Mや600Mシリーズ比較では太刀打ちできません。

「Radeon 680M」のゲーミング性能はGTX 1050 Ti(モバイル版)、「Radeon 780M」に至ってはGTX1650Ti並みと言われています。

ただし、この辺のクラス買うってなると10万円越え。グラボ搭載モデルが多くなるため、内蔵GPUの必要性が薄れます。

一方でRadeonの廉価モデルに積まれているVegaは性能的にパッとしません。

しかもAV1デコード不可です。

下位モデルはAV1デコード不可

https://jp.videoproc.com/edit-convert/av1-vs-hevc-h265.htm

AV1とは、最新ビデオコーデックのことです。早い話が、動画って結構重いので、コーデックによって圧縮されています。

以前はH.264(動画編集者は良く見るかも)、次にH.265、さらに先にある圧縮率が高いのがAV1です。

amazonやgoogle、アップルやNetflixなど、超大物企業はみなAV1に置き換えています。

これに対応していると、以前よりもっと高速かつ高画質に動画が楽しめるよねって話。

一方、対応していないとCPU処理になるので負荷もかかるし、なにより遅いです。

じゃあどれがAV1に対応してるのって話ですが、ここで最初に出たアーキテクチャです。

"XX30"か、"XX35"かで値段が跳ね上がります。

例に出すと、Ryzen7 7735Uと、Ryzen 7730Uは全く別物ということです。

AMDのCPUスペック見づれえ。複雑なアーキテクチャの見方

訳分らんことに、7000シリーズでは複数の世代が混在することになりました。

6000番台なら全てZen3+だったのですが、7000はzen2-4世代がごちゃまぜ。

命名に苦労する話はIntelでもNvidiaでもありますが、今回の命名は特に最低です。

上記画像は最大コア・スレッド数やキャッシュが違うことを示しています。

で、どんな内蔵GPUを積んでいるかは世代によって異なります。

番数世代GPU
  7045Zen4Radeon 700Mシリーズ
  7040Zen4Radeon 700Mシリーズ
  7035Zen3+Radeon 600Mシリーズ
  7030Zen3Radeon RX Vega
  7020Zen2Radeon 610M

Vegaシリーズ以下は、AV1デコードに対応していません。

まともな内蔵GPUのモデルを買いたいなら、下2桁が"35"以上を買うことになります。将来性がなくても安いやつがいいなら、"30"以下。この境目で10万円超えるか超えないかが変わります。

世代別搭載例

■ZEN 4
Ryzen 7 7945HX・Ryzen 7 7845HX

■ZEN 3+
Ryzen 7 7735U・Ryzen 5 7535U

■ZEN 3
Ryzen 7 7730U・Ryzen 5 7530U・Ryzen 3 7330U

■ZEN 2
Ryzen 5 7520U・Ryzen 3 7320U

amdとintelどっちがいいノートパソコン?大学生・ビジネス・ゲーム用途別比較

https://www.cpubenchmark.net/CPU_mega_page.html
  • 廉価モデルは同性能ならAMDの方が安い(割と買い替える前提)
  • ゲーム(シングル)性能はIntel優勢
  • 高価格帯はGPU面でAMD有利。でもグラボ積むならいらんかも
  • コア数はIntel優勢。でもコア数ほど性能差はでない感じ

廉価モデル比較

安価なPCを買うならAMDの方が優勢です。

同性能で比較した場合、数万程度安い傾向にあります。

ただし、前述したAV1に対応していないので、将来性見越さない・そんな機能気にしないとか、そのうち買い替えるしって人向けです。

一方、デスクトップCPUと同じでIntelはシングル性能面で高い傾向があります。

また、コア数もIntelの方が多いです。ただし、Eコアでマシマシにされている面もあり、数値ほど性能差はでないでしょう。

(Eコア = 高効率コア。ざっくり言うとPコアよりも小型で、少ない消費電力で動くが、弱い)

Intelは12世代Uの場合、Pは2コア、Eが4~8コアで、見栄えほどベンチマークは伸びません。

PコアEコア
第12世代 PCore i74~68
Core i548
Core i328
第12世代 UCore i728
Core i528
Core i324

それから、高価格帯ですが、内蔵GPUの面でAMD有利があります。

高価格軽量型を求めるビジネス用途であれば良いチョイスになるでしょう。

とはいえ、この価格帯だとグラボ積んでゲーム・クリエイター要素を求める需要があるので、内蔵GPUを使わない層には大きなメリットとは言えません。

【大学生】→ AMD (予算少なめの大学生向け)

【ビジネス用途】→ AMD (軽量高価な内蔵GPU型が良い感じ)

【ゲーム用途】 → Intel (シングルコアが高く、ゲームに有利)

【省電力】AMD (インテルより省電力に長けている)

ざっくりまとめると、上記のようになります。

中間層は選択肢広いから好きなの買えって感じですね。

amazonで"AMD ノートパソコン"を検索

動画解説(聞き流し用)

ryzen7000シリーズ ノートCPU性能比較と選び方。amdとintelどっちのノートパソコンが良い?

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

アプリ・ソフト・SNS お得な生活術

2024/2/22

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

今やブログもインスタもステマだらけです。簡単に見破る方法があるので、ブロガーの観点からお話しします。 ステマの見破り方 ブログやネット検索はステマだらけ。見破り方 まず、ネットに散乱するお手本のようなステマは以下です。 ②③はぱっと見分かりますが、①は何か。 例を出すと、美容クリニックの広告です。試しに”湘南美容クリニック 脱毛 おすすめ”とか調べると分かります。 なぜか湘南以外の内科とかが検索上位に上がってきます。これは全然関係ないクリニックのお小遣い稼ぎです。 googleは権威性・専門性を重視した検 ...

続きを読む

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

PC

2024/2/3

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

コンバーチブルはクルクルするので壊れやすい印象があるかもしれません。実は使い勝手としては最高です。 コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか 一般的に2in1にはコンバーチブルというキーボード取り外し不可型と、セパレートという取り外し可能型があります。 幅広い用途を考えたらセパレートの方が便利そうに見えますが、キーボードが薄くなってしょぼいというデメリットがあります。 他にも自立して立てないので、ヒンジを広げて立たせる必要があります。これが壊れやすいし折れないか怖い。 一方、コンバーチブルは通 ...

続きを読む

pixivでai生成多すぎ話あるが僕は助かる。Aiイラストの流れとPCの選び方

PC

2024/2/1

aiイラストはうざいとかひどい説あるが非絵師は助かる。生成の流れとPC選び

aiイラストのせいでイラストレーターは阿鼻叫喚。一方、僕みたいな非絵師勢は結構助かってます。ai生成の大まかな流れと問題、AIイラストに必要なPCをご紹介します。 この記事の結論 非イラストレーター的には大歓迎。1日も学べば絵が描ける まず、僕は絵が描けません。そんな僕からすると、絵が生成できるというのは非常に助かります。仕事で一部イラストが必要になるのですが、絵師に頼むのは非常に億劫です。 金がかかる、納期がかかる、連絡の手間、税金申告などなど、面倒な問題が色々あります。ごく一部ですが、納期を守らない絵 ...

続きを読む

心温まる映画のアマゾンプライム選思いっきり泣ける映画のおすすめ

映画・ドラマ・アニメおすすめ

2024/1/28

心温まる映画のアマゾンプライム選。思いっきり泣ける映画のおすすめ

心温まる映画や思いっきり泣ける映画のおすすめをご紹介します。アマゾンプライムで見れるやつから選出してます。 山の郵便配達 ある日、中国の山岳地域に手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決め、後を継ぐ息子へと仕事を託します。 息子は仕事を教わるため、父と一緒に配達をするのですが、道中で山の人々と交流を深め、すでに時代遅れとなった山の配達人の仕事を知っていくのです。 2000年代の中国の映画なんですが、見た目古臭いと思うでしょう。しかしかなり絶賛された雰囲気映画です。 徒歩で出紙を配達する、という山の配達 ...

続きを読む

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

カメラ

2024/1/28

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。 osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。 僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。 発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分 ...

続きを読む

-PC