ASRockグラボの評判と種類 なぜNvidiaがないAMD専

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

ASRockグラボの評判と種類 なぜNvidiaがないAMD専か

ASRockと言えば、有名マザボメーカー。ですが、グラボ関連はマザボほどシェアを獲得しているわけではありません。実際ASRockのグラボはどんなモデルがあるか、なぜNvidia製がないのか解説します。

ASRockグラボの評判と種類 なぜNvidiaがないAMD専なのか

ASRockグラボの種類

タイトルの通り、ASRockのグラボはAMDが主力です。

一応2022年現在Intel製も展開していますが、あえて買う意味がない品質なので除きます。

格付けとしてはOC formula > Taichi > Phantom Gaming(PG) > Challengerの順です。

同じRX何番台でも何が違うの?って方。最も分かりやすいのはデザインとクロック値です。

一般家庭用途なら、たいていPGかChallengerを選択することになるでしょう。

Phantom Gaming(PG)

PGは上位モデルを担っています。

6000シリーズで言えば、RX6900XT~6500XTあたりを発売。

中央ファンだけ色違いで、デザインがChallengerよりゲーミング寄りです。

また、スペック上でChallengerとの違いはクロック値です。

RX6800 16GB 比較PGChallenger
ブーストクロック2190MHz2140MHz
ゲームクロック1980MHz1905MHz
ベースクロック1850MHz1750MHz

さらに上位のTaichiやOC Formulaも同じような形でスペックが上がります。

Challenger

6000シリーズではRX6800~RX6400までのモデルを展開しています。

もちろんPGより価格は低いです。

コア数と価格だけ優先して、クロック数を重視しない場合こちらが選択肢になります。

ちなみにデザイン上もPGより地味になります。

OC Formula

最高モデルを展開しているのがOC Formulaです。

名前の通り、OC(オーバークロック)仕様です。

2022年現在では6950XTと6900XTしかありません。

価格も15万前後と、ゲームをやりたいだけの層にはまだまだ手が届かない価格帯になっています。

Taichi

RX6800XTと5700XTを展開しています。

スペック上ではPGのRX6800XTとほぼ同一ですが、モニタ端子がType-Cに対応しています。

また、デザインがPGよりエッジが利いていて結構カッコ良いです。

円周部分にカットが刻まれていて、独特の光り方をします。

グラボにゲーミングっぽいデザインを求めない僕も正直良いなと思いました。

なぜNvidiaグラボがないのか

ASRock公式とのやり取りによると、NvidiaはASRockにチップを供給していないからだそうです。

つまりASRockの意思で販売していないのではなく、Nvidiaの意思です。

ちまたではASRockとNvidiaは仲悪いんじゃないかと勘繰る人もいます。

DESKMiniはGTXありますし、この関係性は何なのでしょうね。

(引用: https://peing.net/ja/q/8b4c797f-f608-4a25-bccd-2c1ba97ab695)

個人的にはASRockのNvidiaが見てみたい気持ちはあります。

というか、Nvidiaって扱っている大手メーカーが日本じゃ少ないんですよね。

増えてほしい限りです。

最近はIntel製グラボも登場

実はIntel製グラボがASRockから発売されています。

というか、2022年現在、ASRockしか販売していません。

モデルはArc AシリーズのA770、A750、A380です。

ただしこちらは値段の割に評判が芳しくありません。

A770と競合するRTX3060・RX6600XTとの比較動画をあげてくれた人いたので、複数確認しました。

Intelがどっこいか少し負けているレベルです。

しかも共通して電力消費は他より激しい。

そもそも一番高性能なA770でもRTX3060Ti以下なので、4K全盛時代にどの購買層を狙っているんでしょう。

A380に関してはGTXに勝てないうえ、3万近くします。

どんな人がASRockグラボはおすすめ?

マザーボードがASRockかつAMD派の人はおすすめです。

格安メーカーではサポートが手薄ですが、ASRcokはさすが大手で電話サポートもついています。

マザーボードとメーカーが同じだとLED制御をしやすいという利点があります。

また個人的な話ですが、デザインも結構好みだったりします。

ASUSやMSIの無難なデザインが嫌な人もおすすめです。

もっと他メーカーと比較をしたい方はこちらを参照してみてください。

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

アプリ・ソフト・SNS お得な生活術

2024/2/22

ブログもインスタもうざいステマだらけ。ネットでステマを見破る方法

今やブログもインスタもステマだらけです。簡単に見破る方法があるので、ブロガーの観点からお話しします。 ステマの見破り方 ブログやネット検索はステマだらけ。見破り方 まず、ネットに散乱するお手本のようなステマは以下です。 ②③はぱっと見分かりますが、①は何か。 例を出すと、美容クリニックの広告です。試しに”湘南美容クリニック 脱毛 おすすめ”とか調べると分かります。 なぜか湘南以外の内科とかが検索上位に上がってきます。これは全然関係ないクリニックのお小遣い稼ぎです。 googleは権威性・専門性を重視した検 ...

続きを読む

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

PC

2024/2/3

コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか。実は使い勝手最高

コンバーチブルはクルクルするので壊れやすい印象があるかもしれません。実は使い勝手としては最高です。 コンバーチブルPCは壊れやすいとかデメリットはあるか 一般的に2in1にはコンバーチブルというキーボード取り外し不可型と、セパレートという取り外し可能型があります。 幅広い用途を考えたらセパレートの方が便利そうに見えますが、キーボードが薄くなってしょぼいというデメリットがあります。 他にも自立して立てないので、ヒンジを広げて立たせる必要があります。これが壊れやすいし折れないか怖い。 一方、コンバーチブルは通 ...

続きを読む

pixivでai生成多すぎ話あるが僕は助かる。Aiイラストの流れとPCの選び方

PC

2024/2/1

aiイラストはうざいとかひどい説あるが非絵師は助かる。生成の流れとPC選び

aiイラストのせいでイラストレーターは阿鼻叫喚。一方、僕みたいな非絵師勢は結構助かってます。ai生成の大まかな流れと問題、AIイラストに必要なPCをご紹介します。 この記事の結論 非イラストレーター的には大歓迎。1日も学べば絵が描ける まず、僕は絵が描けません。そんな僕からすると、絵が生成できるというのは非常に助かります。仕事で一部イラストが必要になるのですが、絵師に頼むのは非常に億劫です。 金がかかる、納期がかかる、連絡の手間、税金申告などなど、面倒な問題が色々あります。ごく一部ですが、納期を守らない絵 ...

続きを読む

心温まる映画のアマゾンプライム選思いっきり泣ける映画のおすすめ

映画・ドラマ・アニメおすすめ

2024/1/28

心温まる映画のアマゾンプライム選。思いっきり泣ける映画のおすすめ

心温まる映画や思いっきり泣ける映画のおすすめをご紹介します。アマゾンプライムで見れるやつから選出してます。 山の郵便配達 ある日、中国の山岳地域に手紙を届けてきた郵便配達人が年老いて引退を決め、後を継ぐ息子へと仕事を託します。 息子は仕事を教わるため、父と一緒に配達をするのですが、道中で山の人々と交流を深め、すでに時代遅れとなった山の配達人の仕事を知っていくのです。 2000年代の中国の映画なんですが、見た目古臭いと思うでしょう。しかしかなり絶賛された雰囲気映画です。 徒歩で出紙を配達する、という山の配達 ...

続きを読む

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

カメラ

2024/1/28

osmo pocket 3の熱暴走等レビュー。クリエイターコンボとの違いは?

osmo pocket3を購入しました。結論、2の不満点が解消されてかなり満足です。熱暴走なども含めて解説します。 osmo pocket 3は熱暴走するのか。適した用途とは まず、ジンバルカメラで大事なのは、どのくらいバッテリーが持ち、かつ熱暴走なく撮影できるかということ。 僕が検証した結果、複数回やって4K30Pで約2時間が平均の連続撮影時間でした。この間熱暴走はせず、バッテリー切れの方が先にきました。室温は24度くらいです。 発熱ですが、上部分の方はかなり熱くなり触ってられません。一方で持ち手の部分 ...

続きを読む

-PC