Surfaceは高いだけで選ぶ理由がないし、選ばれる理由が色々ひどい

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC

Surfaceは高いだけで選ぶ理由がないし、選ばれる理由が色々ひどい

Surfaceといえば大学生御用達PC感ありますが、結論高いだけで選ぶ理由がありません。理由とそのほかおすすめのPCを解説します。

この記事の結論

  • CPUの性能と価格でいえばコスパが悪い
  • Macのデザインでwindows使いたい人はワンチャンあり
  • Surfaceは適当に優遇されている。流されるな

Surfaceは高いだけ説は本当。選ぶ理由はない

Surfaceには5つの種類があります。

  • Surface Pro → キーボードが切り離せる2 in 1タイプ
  • Surface Go → Proの小型版。10インチ型
  • Surface Laptop → 通常のノートPC
  • Surface Laptop Go → Laptopの小型版
  • Surface Laptop Studio → 倍の値段なので対象外

Goは小型版なので、通常版の概略が下記です。特にCPUを見てください。

Surface Pro 9Surface Laptop 5
2-in-1ノート PC
CPUCore™ i5-1235U
Core™ i7-1255U
Core™ i5-1235U
Core™ i7-1255U
画面13 インチ13.5 インチ
重さ879 g1,272 g
価格¥148,900(税込) ~¥151,580(税込) ~

ここに書いてある1235Uとか1255UがIntel CPU13・12世代でどの位置かというとだいぶ下のほうです。

一般的にUと語尾につくCPUは廉価モデルに積まれています。つまり、15万近くの高価格帯でありながら、7,8万円レベルのCPUが積まれているのです。これがおすすめしない理由となります。

(CPUの見方は下記記事参照)

Officeがついてるから...って話ですが、一般的にOffice分はきっちり価格が上乗せされていて、むしろコスパ悪いです。ならいろんなPCに使える買切型を買ったほうがお得。

Office有無の価格差

レノボ ThinkPad X280 23,760円

Dell New Inspiron11 30,000円

VAIO VAIO S13 23,840円

東芝 Dynabook VZ82 19,000円

マウスコンピューター m-Book J350EN 24,800円

365Home&Business2021
価格¥14,900/年
¥1,490/月
¥43,980
最大使用デバイス5台
(インストール自体は無制限)
2台
2023/06/01時点 Microsoft公式価格

付属のOfficeはそのPCでしか使えません。PC買うたびにOffice分ぼられるなら、Office無買って少しでもスペック上げたほうが良いです。

Officeは3年以上使うなら買切型のほうが元は取れます。一方、365は常にアップデートされて最新機能使えたり、台数も多いので、その辺状況によって選びましょう。

なんならOfficeいらない説まであります。どういう場合でいらないかや、使いたくない場合、無料ですませる方法は下記記事参照です。

MacデザインのWindows欲しいならワンチャン。だが使い勝手は全く違う

とはいえ、Surfaceってデザインは決して悪くありません。

どう見てもMacのパクリなんですが、OSがWindowsでMac的なものを使いたい場合選択肢に入ってきます。

ただ、キー配列やパッドの感覚までmacと一緒ではないです。むしろそこにはWindowsとMacの圧倒的な使用感の差があります。

Macのキーボード

macbook使ったことある人ならわかると思いますが、タッチパッドは四隅が推せて左右の物理ボタン的な概念がありません。これWindowsだとHuaweiのmatebook Proとか特殊なモデルでしか販売されていません。個人的にむっちゃつかいやすいです。

Surfaceはもちろん従来の微妙なタッチパッド。

またキー配列も、結構違います。邪魔なFnキーがwindowsは左にあるのに対し、macは右下です。頻度が高い物を左下に置きたいので、どう考えてもmacのほうがすぐれた設計してます。ちなみにFnキーはソフトとかでも気軽にキー配列を変えられません。

あと、macのほうは現在モデルだと左右の矢印ボタンが細い。windowsはまちまちですが、Surfaceは太いタイプですね。(太いタイプのが個人的には好きです)

このへんSurfaceというかWindowsとの違いではありますが、Macと全く同じ使用感を求めると違うものがありますよ、という話です。デザインだけマネしたいなら良いですが、macからの乗り換えで同じもの期待してる人は注意が必要です。

Surfaceって結構適当な理由で学校から推されている

学校指定とかでSurfaceが選ばれていることが多々あります。

じゃあ信頼度が高いのかというとそうでもなく、これは無知からくるものです。

教育機関でSurfaceが選ばれる理由

  • Microsoft純正だから信用できそう
  • Officeが標準搭載されている
  • Mac同様に学割がある
  • けどMac使いたくない

たったこれだけの理由で選ばれています。割と適当な理由ですよね?

別にMacでいいじゃないか説ありますが、教職員でMac使える人少ないし、そもそも社会はWindowsでまわってるのでSurfaceが選びやすいわけです。

あとやっぱり、中華性メーカーっていまだに信用を得られておらず、Microsoftが直接出してるならそれでいいじゃないかと選ぶ人もいます。

周りに流されず、きちんとスペックで判断しましょう。

スペック判断で重要なのは、CPU・軽さ・グラフィック性能の3点です。

おすすめのノートパソコン選(ゲーミング・軽量・廉価版別)

ビジネス用途

ビジネス用途なら、13~14インチくらいがおすすめです。

軽さも1kg切ってるPCも結構でてきました。

なかでもおすすめはdynabook VZシリーズです。

僕はいつでもどこでもブログ書けるように仕事用として持ち歩いて使ってます。

OSWindows 11
CPUCore i5 1335U
/ i5 1355U
コア10コア
/12スレッド
メモリ8~32GB
画面13.3型
SSD512GB SSD
BluetoothBluetooth(5.1)
指紋認証なし
顔認証あり
寸法約303.9mm
×約17.9mm
×約197.4mm
駆動時間約8.5時間
重量約979g
発売年月2024年2月

CPUは2つモデルがあります。僕は安い方を買いました。

コンバーチブルなので、電子書籍用としても使えます。もうkindle端末もタブレットもさようなら。そういう意味ではコスパ最良です。

同スペックと価格帯のPCは他にもあるんですが、コンバーチブル型はこれくらいです。

©雨隠ギド 「おとなりに銀河」

軽さ979g(公式)、僕が所持しているのは940gしかありません。もちろんPD対応で専用充電器を持ち運ぶ必要がありません。

欠点は顔認証あるけど指紋認証がないこと。なので別途USBに差す指紋認証リーダー使ってます。

常にカバンに入れて出歩くビジネス、もしくは大学生向けと言えるでしょう。

Dynabook公式は定価なので、amazonか楽天から買うと良いです。

僕が持っているのがVZ/HVですが、現在は後継のVZ/MXVZ/HWが主流です。CPUが12世代から新しい13世代になってます。

MXが廉価版CPUのUシリーズを積んでいて、HWが上位版のPシリーズを積んでいます。仕事で使うならPシリーズのHWでも良いかもしれません。CPUの見方は下記記事参照してください。

GZ/HV

あとおすすめなのがGZシリーズ。コンバーチブルがなくなる代わりに180度回転。ただし価格が安くなって、しかも878gとVZより軽いという廉価版です。

コンバーチブルいらないから、とにかく軽くて使い勝手の良いPCが欲しい学生・ビジネスマンにおすすめ。これより軽いと富士通 Lifebookくらいしかないですが、あれは20万近くするので、10万ちょいちょいで買えるのは非常に優秀です。

コスパ用途

【HP 245 G10】

  • CPU: AMD Ryzen 5 7530U
  • グラフィックス: AMD Radeonグラフィックス
  • メモリ: 16GB (8GB×2)
  • SSD: 512GB
  • ディスプレイサイズ: 14型
  • 画面解像度: 1920x1080
  • タッチパネル: 非対応
  • OS: Windows11 home
  • Officeソフト: なし

具体的にコスパ目的で選ぶなら、メモリ16GB1.5Kg以下、それでいて8万円付近のものがいいです。

HPの245 G10は7730Uと7530Uの二つのモデルがあります。1万円くらいの差額です。

7730Uはゲーミング用途であるIntelのHシリーズのちょっと下くらい、7530Uはその一つ下くらいの性能です。

普通に使う分には結構良いCPUだということです。

あと、指紋認証もついています。電源はPD給電ではないのでACアダプターを使うため、持ち運びはもうちょっと重くなると思ってください。ただ、見た限り片手サイズのアダプターなので、許容範囲かと。

コスパならこのPCがおすすめです。

ゲーミング用途

まず、ゲームやクリエイター要素を求めるなら15.6インチ型以上をおすすめします。

目安ですが、グラボ積んで2kg切ってたら軽い部類です。

ASUS Vivobook Pro 16 K6602VV (K6602VV-KVI9R4060)

価格 194,800円 (税込)(2024/01現在)
発売日:2023年4月21日
インチ : 16.0型(120Hz)
解像度:2,560×1,600ドット (120Hz)
CPU : インテル® Core™ i9-13900H
OS : Windows 11 Home
メモリ : 16GB/16GB(標準/最大)
ストレージ : SSD : 512GB
グラフィックス : NVIDIA® GeForce RTX™ 4060
バッテリー駆動時間約7.4時間 
バッテリー充電時間約2.3時間
重さ 約1.9kg

ASUSのVivobook Pro16は値段・軽さ・性能面からいって、かなりやばいモデルです。

CPUは上位モデル13900Hを積みつつ、グラボはRTX4060。さらに2kg切ってます。

モバイル版RTX4060はデスクトップ版なら3060Ti~3060、前世代ならモバイル版3080相当の性能があります。

またThunderboltがついていて、type-cでも給電できます。そして、解像度が2,560×1,600というおまけつき。

MSIやGigabyte、その他BTOメーカーでも20万円台だと、CPUが12世代だったり、もっと重かったりします。まして2560×1600なんてありません。

弱点といえば、バッテリーが駆動時間7.4時間とちょい短め。

あとは120Hzと、ゲーミング系にしては少しだけリフレッシュレートが低いことです。20万円台なら144Hz当たり前みたいなとこありますから。

でもデメリットをはるかに上回るモンスターPCには変わりないです。

Macbook Air

Macbook Air
カラー・シルバー
・スペースグレイ
・スターライト
・ミッドナイト
画面13.6インチ
ディスプレイLiquid Retina
チップApple M3
CPU8コア
GPU最大10コア
メモリ8・16・24GB
SSD256GB・512GB
1TB・2TB
端子・MagSafe 3
・3.5mmジャック
・Thunderbolt
・USB 4ポート×2
バッテリー最大18時間
サイズ30.41×1.13×21.5 cm
重量1.24 kg

現状macbook proの一番下のモデルと同じM3を積んでいるので、下手なproよりairを選ぶ方がコスパが高いです。

キーボード、キーパッドはmacが至高なので、操作性の満足度は高レベル。

使いたいソフトがある、デザイン買いをしたい、良く分からんけど使ってみたい、という人はmacを一度試してみましょう。

僕はサブ機として使ってます。

intel13世代12世代比較ノートCPU性能 ~おすすめノートパソコンの見方と選び方~

ryzen7000シリーズ ノートCPU性能比較と選び方・ベンチマーク。大学生や社会人にamdとintelどっちのノートパソコンが良いか

ガジェット

2024/5/22

Google Pixel8aを端末のみ購入の最安で安く買う方法

Pixel8aが発売しました。端末のみで安く買うにはどこが良いか。今のところアマゾンで買うのが一番良さそうです。一応冒険するなら楽天もありますが、詳しい説明をします。 Pixel 8a端末のみ最安価格 (SIMフリー) amazon 楽天市場 yahoo 公式 72,600円 68,980円 66,321円 72,600円 2024/05/22時点 まずSimフリー系ですが、基本は通販系のサイトを利用すると思います。 楽天やYahooは安い上、ポイントがつきます。多分何もしてなくても楽天の会員だったり楽天 ...

続きを読む

iPad Pro 2024 M4レビューM3MacやiPhoneとベンチ比較

スマホ

2024/6/1

iPad Pro2024 M4レビュー。M3 MacやiPhoneとベンチ比較

新型ipad発売しました。薄型軽量好きにはたまらないガジェットです。 ですがM4はどれほどすごいのか、M3 MacbookやiPhoneなどとも比較検証してみました。 超薄い!超軽い!外観は素晴らしい 今回のiPadで最も注目されているのが軽さと薄さです。 小銭5~6枚くらい手に取ってみてください。そのくらいの薄さです。マジで薄い。 手に持っても、13インチの大型タブレットを持っている感覚がなく、その辺の板切れを持っているような感覚(誉め言葉)。 13インチ系iPadのサイズ (Wifiモデル) M4 P ...

続きを読む

スマホ

2024/5/22

Pixel8aレビュー。7aスペック比較やantutuベンチ検証。順当進化だが…

コスパ最強7aの後継8aですが順当進化です。一方、進化点は微妙で7aでも良くね?となります。現在価格差は2万ほど。ベンチマーク計測やスペック比較したのを参考にしてください。 この記事の結論 Pixel aシリーズの選び方 Pixel8a 購入ページ (au online shop) Pixel8aレビュー。7a比較で何が向上したのか Tensor G2からG3へ Geekbench 5.5 シングル マルチ Apple A17 Pro 2138 5305 Snapdragon 8 Gen 3for Gal ...

続きを読む

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

国内旅行

2024/6/15

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

広島はアクセスも良くて、車なしで観光地を巡りやすいです。広島-岡山間でおすすめの場所や回り方をご紹介します。 今回行った観光地と現地の写真 尾道駅周辺のホテルを探す (楽天トラベル) 大久野島 広島観光でおすすめなのが、まず大久野島です。 ここは元毒ガス製造所だった場所ですが、今ではウサギが大量に繁殖し、ウサギ島と呼ばれています。 ここは尾道から広島駅方面へ行く途中、三原駅で降り、フェリーに乗ると行けます。 なんか見るからにホラーっぽいところですが、現地に行くと全くそんなことありません。 ここのウサギたち ...

続きを読む

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

スマホ

2024/5/21

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

GalaxyについにSimフリー版がでました。これぞ最強スマホ。正直他のAndroidは太刀打ちできません。比べる相手と言えば、iPhone15proくらいでしょう。 Galaxy S24レビュー まず、S24は10万円以上が予算ならほぼ9割の人が買うべきスマホと言えます。 処理速度は最高、軽い、カメラそこそこ、防水防塵、価格◎、といった感じ。 他のスマホはAIとかカメラの新機能とかで独自性を出そうとしてます。はっきり言って不要。 軽い・処理が早い・値段それなりのスマホこそ、多数派に求められているものです ...

続きを読む

-PC