VAパネルで後悔。ゲームFPSはいいけど白っぽいし疲れるモニター

本サイトはアフィリエイト広告を含みます PC周辺機器

VAパネルで後悔。ゲームFPSはいいけど白っぽいし疲れるモニター

モニターでVAパネルはIPSより安いので買ったものの後悔。ゲームやるだけならマシですが、IPSより発色が劣り、白っぽい。ちゃんと予算かけてIPS買えば良かったと思いました。

この記事の結論

  • VAは全てにおいて中途半端。でもIPSより安い。
  • VAの高コントラストで結構疲れる・あまり良さを感じない
  • 予算あればIPS買うべき。ガチゲーマーならTNも検討

VAパネルで後悔。VA TN IPSの違い

コントラスト視野角発色レスポンス
IPS良好良好
VA良好微妙
TN微妙微妙微妙良好

ざっくり区分けすると、

発色=IPS=映像系に長けている

レスポンス=TN=ゲームに長けている

コントラスト=VA=動画・映画視聴に長けている

という答えになります。

他にも、”高速応答”かつ"広色域"と呼ばれるNano IPSFast IPS、これらのモニターの色域をさらに広くした量子ドットなどがゲーミングモニターとして有効です。

そもそもVAの長所であるコントラストとは、色の明暗や鮮やかさのことで、高いと明るいところは明るく、暗いところは暗くなることに。

VAはコントラスト比1 : 3000、IPS・TNはせいぜい1 : 1000で、コントラスト比が高いパネルです。

比率が高いと、”画にメリハリがついて映画や動画に最適”なんて謳い文句がありましたが、勘違いでした。

コントラスト比が高くても良いことはそんなになく、結果後悔しました。

VAパネルは白っぽい。調整してもおかしい

左(BenQ モニター ディスプレイ EW3270U 31.5インチ/4K/VA)

右(Dell S2721QS 27インチ/4k/IPS)

まず、BenQ(VA)とDell(IPS)についてです。

VAの方がかなり白っぽく映ります。

原因が分かりません。VAパネルの問題なのか、別の問題なのか。もしくはこれで仕様なのか。

Nvidiaのダイナミックレンジやモニターの調整いじっても改善されませんでした。

ガンマ値下げろって話なんですが、今度は黒の部分が潰れて見えなくなります。これでかなり下げてる方なんです。

製品差か設定か、それともVAパネル全体の話かは分かりません。

高コントラストのせいでVAパネルは疲れる

前述のとおり、VAパネルは明るいところは明るく、暗いところは暗いわけです。

これが疲れる。特に暗いシーン。

単純に、暗い部分がさらに暗くなって見づらいんですよね。

光と影があれば、メリハリも出るんでしょうが、全体的に暗いとひたすら見づらいです。

映画視聴だと快適に見られれば良く、明暗の見せ方はそこまで大事じゃありません。

とはいえ、シーンの度に画像を調整するのも面倒なので放置していました。

VAパネルは視野角と発色がかなり微妙

(左 VA 右 IPS)

発色がだいぶ違います。鮮明に見えるのは間違いなく右です。

視野角はVAの方が狭く、角度をつけるとさらに色がおかしくなります。

真正面からVAパネルのモニターを見ているとまだマシなんですが、角度をつけて見比べると結構違って見えます。

VAパネルでゲーム(FPS)はまだマシ

(BenQ モニター ディスプレイ EW3270U 31.5インチ/4K/VA)

(Dell S2721QS 27インチ/4k/IPS)

VAはレスポンス、つまり応答時間があまり良くないと言われています。

が、僕は正直良く分かりませんでした。

応答時間とは画面の色が変化するときにかかる時間です。

これが早いと場面転換が早くなり、FPSなどで有利になると言われています。

応答時間に優れているというTNパネル使ったことがないので分からないのですが、IPSとVAはそれほど違いがあるとも思いませんでした。

物によるでしょうが。

買うならほぼIPS。VAは価格以外考慮する必要なし

結論、買うならほとんどの人がIPSを買うべきです。

どうしても予算上の都合がある場合は安いVAを考慮することに。

けど、モニターってずっと見てるもので、身体に影響が及ぶものなので、妥協するのはあまりお勧めしません。

寝具と同じです。

TNは高リフレッシュレートで応答速度が高いとしても、体感できるか微妙なところ。

プロゲーマーとかじゃないといらないんじゃ?と思っています。

僕も早くメインのBenQ VAモニターを変えたいのですが、なかなか壊れなくて今まで使っているだけです。

壊れたら即IPSに買い替えます。

メーカーはドット抜けを万全に保証しているDellあたりが良いです。

プレミアムパネル保証といって、ドット欠けが一つでもあれば無償交換してくれる神保証がついています。

DELL以外のメーカーはドット抜けは仕様だとかいって保証されませんから、なるべく買いたくありません。

最近のゲーミングモニターは量子ドット

最近は4Kゲーミングモニターとして量子ドットを買いました。

4K、144Hz以上、10万以下でなるべく美麗なモニターを探していたところ、Innocnというメーカーのモニターがおすすめされていたので購入。

166Hzのリフレッシュレートでめっちゃヌルヌル、HDR1000を備えていて超美麗。今では快適なゲーミングライフを送っています。

スマホ

2024/5/17

Pixel8aレビュー。7aスペック比較やantutuベンチ検証【順当進化】

コスパ最強7aの後継8aですが順当進化です。一方、進化点は微妙で7aでも良くね?となります。現在価格差は2万ほど。ベンチマーク計測やスペック比較したのを参考にしてください。 この記事の結論 Pixel aシリーズの選び方 Pixel8aレビュー。7a比較で何が向上したのか Tensor G2からG3へ Geekbench 5.5 シングル マルチ Apple A17 Pro 2138 5305 Snapdragon 8 Gen 3for Galaxy 1716 6426 A16 Bionic 1883 5 ...

続きを読む

macbookとipad2台持ちだと大学生や社会人にメリットあるか

PC PC周辺機器

2024/5/6

macbookとipad2台持ちだと大学生や社会人にメリットあるか

片方持ってるならどっちかいらないんじゃ?と思うかもしれませんが、結論二つ持った方が作業がはかどります。 この記事の結論 サブモニターとして便利 最大のメリットは持て余さないというということ。常にサブモニターとして置いておくことができるので、仕事をするうえで作業がはかどります。 別に仕事で二画面移さなくても、ipad側をnetflixにして動画見ながらダラダラ仕事するとかでも良いです。 あと、モニター置くスペースがない人は省スペースになります。 個人的に一番の恩恵は、常に机に座って作業する必要ないってことで ...

続きを読む

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

国内旅行

2024/5/3

広島観光モデルコースを2泊3日車なし。中国地方(宮島-尾道-倉敷)を巡ろう

広島はアクセスも良くて、車なしで観光地を巡りやすいです。広島-岡山間でおすすめの場所や回り方をご紹介します。 今回行った観光地と現地の写真 尾道駅周辺のホテルを探す (楽天トラベル) 大久野島 広島観光でおすすめなのが、まず大久野島です。 ここは元毒ガス製造所だった場所ですが、今ではウサギが大量に繁殖し、ウサギ島と呼ばれています。 ここは尾道から広島駅方面へ行く途中、三原駅で降り、フェリーに乗ると行けます。 なんか見るからにホラーっぽいところですが、現地に行くと全くそんなことありません。 ここのウサギたち ...

続きを読む

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

スマホ

2024/5/12

Galaxy S24レビューとiPhone15Proと比較【最高のスマホ】

GalaxyについにSimフリー版がでました。これぞ最強スマホ。正直他のAndroidは太刀打ちできません。比べる相手と言えば、iPhone15proくらいでしょう。 Galaxy S24レビュー まず、S24は10万円以上が予算ならほぼ9割の人が買うべきスマホと言えます。 処理速度は最高、軽い、カメラそこそこ、防水防塵、価格◎、といった感じ。 他のスマホはAIとかカメラの新機能とかで独自性を出そうとしてます。はっきり言って不要。 軽い・処理が早い・値段それなりのスマホこそ、多数派に求められているものです ...

続きを読む

倉敷と尾道どっち?&鞆の浦と尾道どっちがおすすめ?車なしモデルコース

国内旅行

2024/5/3

倉敷と尾道どっち?&鞆の浦と尾道どっちがおすすめ?車なしモデルコース

中国地方の街並み観光だと、倉敷、尾道、あとは鞆の浦あたりが挙げられます。実際に行ったのでモデルコース含めそれぞれどんな感じかご紹介します。 倉敷と尾道どっちがおすすめ?鞆の浦はどう? それぞれの違い 倉敷 → 観光場所が集中してる。にぎやか。ザ・観光地って感じ 尾道 → 町全体をめぐるのが観光。レトロ 鞆の浦 → 観光地という感じじゃない。町並みは美しい 倉敷 (所要時間3~4時間くらい) 倉敷は倉敷美観地区を回ることになります。倉敷駅から10分くらい歩くとあります。 人も多くてにぎやか。ザ・観光地って感 ...

続きを読む

-PC周辺機器
-